元『AKB』西野未姫“写真集”売上450部…ファン離れは自業自得だった?

(C)mguttman / Shutterstock 

元『AKB48』の西野未姫が4月19日、自身のツイッターを更新。電子写真集の売り上げ部数が450部だったことを明かしたが、ネット上では冷めた声があがっている。

西野は〝電子写真集〟と題し、ハッシュタグで、《#電子写真集 #あの頃のまま #2000部売れたら紙の写真集 #中間発表 #450部 #目標の4分の1 #これが現実 #リアルな数字 #買ってくれた方 #本当にありがとうございます #残り約半月 #2000部売れるのか #せめて1000部いきたいな #頑張ります #まだ見てない方》とつづり、写真集を猛アピールした。

西野の電子写真集『あの頃のまま』は3月19日に発売。4月いっぱいで2000部売れたら紙の書籍として発売されることになっていたが、19日現在、たった450部しか売れておらず、目標の4分の1にとどまっている。西野は7日に投稿したインスタグラムでも、《まだ188部しか売れない ぴえん》と嘆いていた。

西野未姫の“塩対応”にドン引きするファン

「西野は写真集の撮影のためストイックなダイエットを実施し、見事なプロポーションを披露しています。引き締まった美ボディーは見応えも十分なのにもかかわらず、部数が伸びないのは、ひとえに西野自身に問題があるからではないでしょうか。西野は過去にテレビで、『握手会はゲロ吐くほど嫌い』、『AKB48のファンは歯が溶けている』、『握手会に来るファンの8割は童貞』などと、ファンを馬鹿にするような発言をし、大炎上しました。今さらファンに購入を呼びかけても、見向きもされないのは当然でしょうね。『AKB』ファンを馬鹿にした塩対応が原因になっている可能性が高いです」(アイドルライター)

実際のところ、西野の必死な写真集アピールに、ネット上では

《自らファンを遠ざけてしまったのだから仕方ないよね。一度離れたファンは二度と戻ってこない》
《一時はAKB運営もこの子に期待してたのにね。すべて自分が招いたことで、同情はできないな》
《散々ファンの切り捨てやってたんだから、そりゃ無理だよ。自業自得案件でしょ》
《あれだけAKBやファンをディスった挙げ句、今じゃ好き勝手やってても450部も売れたのだから、逆に買ってくれたファンに感謝しないとね》

などと、散々な言われようだ。

どうやら過去にファンを軽んじた態度のツケが巡り巡ってやってきたようだ…。

【画像】

mguttman / Shutterstock

【あわせて読みたい】