『まめ夫』岡田将生の“顔面”がヤバすぎる…「顔が天才」「私は死んだ」

岡田将生 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月20日、松たか子の主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の第2話が放送された。岡田将生の美しさに、改めて驚きの声があがっているようだ。

大豆田とわ子(松)は、これまでに3回結婚して3回離婚した〝バツ3〟女性。建設会社『しろくまハウジング』の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。田中はレストランのオーナー兼ギャルソン、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は器が小さいファッションカメラマン、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)はとわ子の会社の顧問弁護士で理屈っぽいひねくれ者。3人の元夫はとわ子のことを〝好きで嫌い〟なようで…。

第2話では、とわ子と慎森の2人を中心に話を展開。慎森は以前、専業主夫をしてとわ子と暮らしていたようで、とわ子が仕事に出かける前にはおでこをくっつけ合って「充電完了」と言うほどラブラブだった。

そして現在慎森は、とわ子の会社の顧問弁護士として毎日のようにとわ子と顔を合わせながら、とわ子の様子を逐一チェック。とわ子に対して〝ツン〟とした態度をとりながらも、未練があるようで何度もとわ子に接触していた。

そんなある日、唄の発案で、別れた夫3人ととわ子、唄の5人ですき焼きパーティーをすることに。ここでとわ子と慎森が2人きりになった際、慎森は結婚していた時のように、とわ子とおでこをくっつけ合う〝デレ〟を見せるのだった。

「これは見た全女子悶絶したよね…?」

慎森のツンデレぶりに女性視聴者は歓喜。〝めんどくさい人間〟と描かれていたものの、ネット上では

《ツンデレな岡田将生やばい 一生キュンキュンしてる》
《ツンデレで眼鏡男子の岡田将生って世の女性殺そうとしてない?》
《しんしん憎めない けどきっとそれは顔が岡田将生だから》
《めんどくさい岡田将生まじでこの世の需要しかねえな》
《岡田将生くんの顔って天才的だな~》
《いやもう視聴者生きてるのかな? リアルタイムで見てた視聴者生きてた? 私は死んだ。岡田将生のツンデレ具合が絶妙なんよ…》
《岡田将生最高すぎて死んだ…これは見た全女子悶絶したよね…?w 顔が良すぎるのよ。マジで》
《シンシン死ぬほどめんどくさいけど岡田将生の顔してるからかわいい》

などの報告が続出。世の女性たちに衝撃が走ったようだ。

もともとその造形の美しさが評判だったが、最近改めて「顔がよすぎる」と男女から絶賛されている岡田。このドラマをきっかけに、日本ナンバーワンの称号を獲得してしまうかもしれない。

【あわせて読みたい】