釣りキチ葉加瀬太郎「マグロ食いちぎるサメ動画」紹介しドン引き

画像はイメージです(C)Shutterstock

7月31日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲストとして出演したバイオリニストの葉加瀬太郎が、釣りなどの趣味に没頭しすぎる姿を明かした。そのあまりの没頭ぶりに、出演者たちは一様に引き気味だったが、視聴者はマニアックさを逆に賞賛している。

番組内で葉加瀬は、釣りが好きなことを話し、石垣島で釣りをしたときの写真を公開した。このときに釣り上げたものは最大で26キロで、居酒屋で分け合って食べたという。葉加瀬はツアーで全国をめぐる際にも釣り道具を持っていき、ツアーの合間をぬって釣りを楽しむという。

また葉加瀬は、釣りで腕力を使い果たして、ツアーの当日に「筋肉がパンパンになっていることもある」と明かした。それを聞いた司会の上田晋也は「釣りを優先しすぎ」と苦言を呈し、『チュートリアル』の福田充徳は「(ツアーという口実で)遊びに行ってますよね?」と意見していた。

 

釣り好きのあいだで話題の動画チャンネル

さらに、葉加瀬は最近熱中しているものとして、お笑い芸人の『ナイツ』とナポリタンスパゲティーのことを挙げ、さらにはYouTubeの動画チャンネル『釣りよかでしょう。』をよく試聴していると話した。この動画チャンネルは、佐賀県在住の若者が釣りを中心に釣った魚を料理するというもので、登録者数は48万人を超えるという。葉加瀬は毎晩のようにこの動画を見ているそうだ。

おすすめは、6人がマグロを釣り上げた瞬間にサメが血のにおいをかぎつけ、マグロの胴体半分を一瞬で食いちぎる動画だといい、「僕も(経験が)あるのよ…」と釣りの際に遭った危険な体験談を語る葉加瀬に対して、出演陣は引き気味になっていた。

そして、「ほかにも(いい動画が)あるのよ…」と紹介しようとする葉加瀬に、有田哲平が「もう大丈夫だと思います」とさえぎるなど、天才肌で集中しすぎると止まらない葉加瀬の“悪趣味”にレギュラー出演陣はあきれていた様子だった。

しかし、一部のマニアックなファンからは歓喜の声が出ている。どうやら、釣りよかでしょうは『嵐』の二宮和也、大野智が別のテレビ番組で紹介した、知る人ぞ知る動画チャンネルだったようだ。

同チャンネルを知る視聴者からは、インターネット上で、《人気番組で紹介されたらまた再生伸びるね》、《地上波で今年、2回も『釣りよか』を見れて本当にうれしい》などと、チャンネルが紹介されたことを喜ぶ声が多く投稿されていた。

同じ趣味を持つ視聴者には、葉加瀬の話は魅力的だったようだ。

 

【画像】

(C)wwwarjag / Shutterstock

【あわせて読みたい】

恩返しは嘘!中居正広がついに見せた「無責任・自分本位」な本性

※ 離婚調停中の不倫行為に今井絵理子議員への慰謝料請求も

※ 「20年前の写真」絶賛された矢田亜希子だが元夫の押尾学は…

※ 加藤綾子にフジテレビが「取材規制」を通達していた!

※ 夏菜また暴走!? 過去の恋愛を「自ら暴露」心配の声