有吉弘行の“第7世代潰し”が強烈! 新番組に特大の攻撃「鬼すぎて笑う」

有吉弘行 

(C)まいじつ 

4月23日にレギュラー放送初回を迎えるコント番組『新しいカギ』(フジテレビ系)が、いきなり窮地に立たされている。

「同番組は、今年の年始特番として放送されたコント番組。好評を受けてレギュラー昇格したほか、出演者が『チョコレートプラネット』『霜降り明星』『ハナコ』といった新世代の人気コンビであることから、フジテレビ系の『めちゃ×2イケてるッ!』『はねるのトびら』『ピカルの定理』に連なる〝正統派コント番組〟の系譜だと期待を集めていました」(民放キー局関係者)

しかし、この期待と話題性にあふれた初回、他局は強烈な裏番組をぶつけてきた。なんと『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)が、前身番組『マツコ&有吉の怒り新党』一夜限りの復活を決めたのだ。

同番組はマツコ・デラックス、有吉弘行の毒舌や肩肘張らないスタイルが人気を博し、番組終了した今なお根強いファンを誇る超人気番組。さらに、先日結婚を発表した有吉と夏目三久の〝馴れ初め〟にもなった番組であり、タイムリーな話題性にも富んでいるのだ。

温かく送り出された『ハナコ』岡部大の境遇が話題に

目論見通り、この復活劇は大きな話題を呼び、「新しいカギ」への注目はかき消されてしまう形に。肝心の初回から視聴者を奪われることは確実であり、視聴率発表は〝死刑宣告〟に近いものがあるだろう。中でも悲惨なのが、「かりそめ天国」準レギュラーだった「ハナコ」の岡部大だ。

「岡部は〝それらしくしているけど空っぽなことしか言っていない食レポ〟が有吉・マツコに大ウケし、そのまま食レポ要員として準レギュラーの座を獲得。しかし、裏で『新しいカギ』が始まるため、4月2日のSPをもって番組を卒業しました。自身がメインのコント番組が始まるとなれば、そちらを受けるのは当然でしょう。しかし、世間への影響力や視聴率を考えると、サブでもいいから『かりそめ天国』に出続けた方が良かったでしょうね…」(お笑いライター)

この境遇はお笑いファンの間でも話題となり、ネット上には

《裏番組に出るために卒業するハナコ岡部を温かく送り出しておいて、その初回に一夜限りの怒り新党をぶつけに行くかりそめ天国が鬼すぎて笑う》
《初回に怒り新党復活ぶつけてくるの普通に鬼畜で爆笑したw》
《岡部、裏番組でかりそめを卒業したのにその裏番組初回が夏目ちゃん砲をくらうってもってるなあ…》
《真裏にいったからって、号泣して卒業した岡部への激励が過ぎる笑》
《卒業回で「チャンスだから逃さず頑張ってこい」と気持ち良く裏番組に送り出してたのにwww》

といった声が。

第7世代は力を合わせて〝有吉の壁〟に立ち向かう必要がありそうだ。

【あわせて読みたい】