「格付けでは?」『トリニク』人気特番“そっくり”リニューアルに困惑

浜田雅功 

(C)まいじつ 

「トリニク」の愛称で人気を博すテレビ朝日系のクイズバラエティー『そんなコト考えた事なかったクイズ! トリニクって何の肉!?』が、今春から『芸能界常識チェック! ~トリニクって何の肉!?~』にリニューアル。4月20日に初回の放送を迎えた。

番組は、これまでひな壇でのクイズを行っていたが、リニューアルにより〝常識力〟をチェックするスタイルにマイナーチェンジ。冠婚葬祭の作法といった一般常識から、最近生まれた新常識まで、さまざまなジャンルの常識を問う。当然、問題形式も実技が大幅に増え、第1回の今回はサンマの正しい食べ方をチェックすることに。出演者はこれまでと同じ顔ぶれだが、内容が改められたのだった。

しかしこのリニューアル、多くの視聴者にとっては〝デジャブ〟の光景となった模様。ネット上に多く上がったのは、マナーや常識を問うスタイルが、同番組と同じく『ダウンタウン』浜田雅功がMCを務める不定期特番『芸能人格付けチェック』(同系)に似ているという声だ。

初期の『格付けチェック』とそっくり?

実際、SNSには

《トリニクまた面白くなってよかった…ちょっと格付けぽいけどw》
《もうトリニク格付けやん》
《トリニク、これは格付けでは?》
《トリニク番組ガラッと変わったな 格付けジェネリック臭》
《トリニクって何の肉が 格付けの焼き直し番組になっている…》
《今日のトリニクは、いつかの格付けの内容と一緒》
《もうなんか格付けみたいなの見てるみたい》

など、双方の類似性を指摘する声が続出していた。

「『トリニク』も『格付け』も、製作はテレビ朝日ではなく朝日放送テレビ。林敏博氏・森和樹氏の両プロデューサーも共通していますし、MCが浜田という点も含め、似通ってくるのは仕方ないでしょう。もともと姉妹番組的な位置付けでしたし、一体化を進めたい意図でもあるのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

果たして、このリニューアルは吉と出るか凶と出るか。

【あわせて読みたい】