竹内涼真が本格歌手デビュー? プロ顔負けの歌唱力に「CDデビューして」

竹内涼真 

(C)まいじつ 

4月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、人気俳優の竹内涼真が出演。番組内で『Chage&Aska』の『LOVE SONG』を歌ったのだが、意外なほどの歌唱力の高さに驚きの声があがっていた。

今回、竹内の歌唱力にスポットを当てたのは、同じく番組に出演していた『ハリセンボン』の近藤春菜。彼女いわく竹内は以前から歌が上手いことで知られており、中でも「チャゲアス」の楽曲が十八番なのだという。そこで「LOVE SONG」を披露することになったのだが、あまりの上手さに『TOKIO』のメンバーも「うっま!」と驚いた様子。ちなみに若干世代がズレているにも関わらず「チャゲアス」が好きなのは、父親の影響なのだそうだ。

竹内の歌声には視聴者からも、

《想像の50倍は上手かった》
《歌うまいの知ってたけど、これは凄すぎ》
《もっと色んな曲を聴いてみたい!》
《普通にその辺の歌手よりも上手くね?》
《演技もダンスも出来て歌も上手いとか完璧すぎる》

といった絶賛の声が。確かに〝俳優にしては上手い〟というレベルではなく、ほとんどプロ顔負けの歌唱力だった。

竹内涼真の歌手デビューはありえる?

こうなるとファンの人たちが期待してしまうのは、竹内の本格的な歌手デビュー。実際にSNSなどでも、

《歌声めちゃくちゃ好きだから、歌手デビューすればいいのにといつも思う》
《CDデビューしてほしい》

といった声もちらほら見受けられる。

「以前、竹内は和田アキ子のアニバーサリーイベント、通称『ワダフェス』にゲスト出演したことがあり、『笑って許して』のデュエットを生披露していました。この時もブルーズを完璧に歌い上げた竹内に絶賛の声があがり、《歌手デビュー間近か?》とまで言われています。一方で俳優の歌手デビューには難色を示す人も多いですが、フェスに出演した菅田将暉のように成功を収めるケースも。結局のところは実力次第なので、高い歌唱力を持ち、ステージ映えする高身長イケメンの竹内は、十分歌手としてやっていけるのではないでしょうか」(芸能記者)

今年5月からは、初主演舞台となるミュージカル『17 AGAIN』の公演も控えている竹内。たとえ歌手にならなくても、自慢の歌声を披露する場所は数多くありそうだ。

【あわせて読みたい】