アサヒビールの完璧な戦略!『生ジョッキ缶』転売問題に「対応がスーパードライ」

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

現在、巷で人気を博している『アサヒ スーパードライ 生ジョッキ缶』。販売元の『アサヒビール』は、売れ行き好調のため、販売を一旦中止すると発表した。そして、この人気にあやかろうとした〝転売ヤー〟たちが、無事に憤死したようだ。

同商品は、フタをすべて外すと、中から〝生ジョッキ〟のような泡が出てくる新常識の缶ビール。4月6日からコンビニで販売が開始されたが、わずか2日で販売数量が想定を上回り、出荷が一時停止に追い込まれた。

その後もスーパーでの販売が開始される20日に間に合うように出荷を再開したものの、21日に公式サイトにて〝一時休売〟の発表が。「アサヒビール」は、「今後の販売数量見込みに対し商品供給が追い付かないため、計画していた4月製造分を出荷次第、一時休売せざるを得なくなりました。6月中旬以降に数量限定で再発売する予定です」とコメントを発表した。

このように同商品が品薄になったことで、動き出したのが転売ヤー。「生ジョッキ缶」の大量〝買い占め〟が続出し、品薄状態に拍車がかかってしまうことに…。

転売ヤーの一人勝ちかと思いきや?

実際に複数のフリマアプリでは「生ジョッキ缶」が転売されている。しかし「アサヒビール」は、一時休売の発表をした翌日、スーパーマーケットで生ジョッキ缶の販売を開始。SNS上にはスーパーなどで山積みになった「生ジョッキ缶」の画像が複数確認できる。

一部始終を眺めていたユーザーからは、転売ヤーに対する皮肉が相次ぎ、

《対応がスーパードライで草》
《停止報道から転売ヤーにアホほど買わせた上で、スーパーで山ほど売り出して、転売ヤー爆死ってか? アサヒビールさん一生推せます》
《スーパーで大量の転売ヤー殺しを目撃してしまった! いい酒のツマミができましたねぇ》
《数日前に転売ヤーが必死こいてコンビニ回ってたと思うと、酒がうめぇ!》

といったコメントが飛び交っていた。

「一時休売を発表した翌日に、生ジョッキ缶が販売された仕組みについて、『アサヒビール』は〝発売日の朝に店頭に並べるため、前日までには店舗に届けている〟と説明しています。また一部では〝コンビニ先行販売分の生ジョッキ缶が品薄だっただけ〟とも言われており、いずれにしてもアサヒビールの策略にまんまと引っかかった人が多かったようですね」(時事ライター)

転売ヤー対策として、ケース販売もされていないという生ジョッキ缶。「アサヒビール」の〝スーパードライ〟な対応のおかげで、ビール好きの元に生ジョッキ缶が届くことを感謝したい。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】