イモトアヤコ“聖火リレー”辞退理由に称賛「まともな考え」「印象いい」

イモトアヤコ 

(C)まいじつ 

近々開催される〝予定〟の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、47都道府県858市区町村で実施される聖火リレー。しかし、参加予定だったお笑い芸人・イモトアヤコも辞退を表明し、その理由がネット上で称賛を浴びている。

イモトが参加予定だったのは、5月21日と22日の鳥取県でのリレー。イモトと共にバルセロナ五輪のマラソン銀メダリスト・森下広一氏も参加予定だったが、今回は2名とも辞退するという。

理由としては、新型コロナウイルスの感染防止に伴い、著名人ランナーによって人が集まってしまうことを懸念してとのこと。また、他県から鳥取県に行くことへの配慮なども理由の一つにあがっていたそうだ。

イモトのたしかな判断に高評価の声!

イモトが辞退した理由が〝スケジュールの都合〟などではなく、感染拡大への配慮だったため、ネット上では、

《まともな考えだと思う》
《イモトさん、スケジュールの都合とか言わないところがすごい》
《他県への出張みたいなものだし、東京から行く必要ない。辞退するのが妥当》
《感染者少ない地域に有名人がいったら、人が押し寄せるもんね。思い入れのある地域に自分のせいで人が集まり報道陣も集まって感染者でたら胸が痛むよね》
《スケジュールの都合で辞退とかだと、一度引き受けて辞退は無責任な印象になるから、他の辞退した人もイモトさんみたいに自分の考えをしっかり発表した方が印象いいと思う》

などと賞賛されている。

「スケジュールの都合で辞退する芸能人が多くいるようですが、イモトや森下氏以外にも、黒木瞳が〝感染防止対策〟が困難になることを理由に、聖火リレーを辞退しています。最善策を取った彼女たちの予想は的中したのか、4月22日には聖火リレー関連で初となる感染者も。このまま感染者が増えてしまえば、聖火リレーすら中止にせざるを得ないかもしれませんね」(芸能ライター)

参加することが悪ではないが、イモトたちの勇気ある行動は称賛に値するだろう。

【あわせて読みたい】