結婚詐欺師の名前が“コムロケイ”! ドラマ『最高のオバハン』の役名が話題

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

俳優・大地真央が主演を務める連続ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』(フジテレビ系)第3話が4月24日に放送。女医御用達の婚活パーティーに、いま世間を騒がせている〝あの人〟が出演していると、話題になっている。

同ドラマは、林真理子氏の小説『最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室』、『最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない!』が原作。美容系クリニックの敏腕経営者で、名古屋ではセレブや政財界からも一目置かれる有名人・中島ハルコ(大地)が、理不尽な世の中をバッサバッサとぶった斬っていく、痛快コメディーだ。

第3話では、ハルコが雑誌編集者のいづみ(松本まりか)とその後輩・高田真央(真魚)に、女医御用達の婚活パーティー〝女医コン〟を手配する様子が描かれたのだが…。

「婚活パーティーでは、いづみがイケメン精神科医と急接近するのですが、実はこの男は結婚詐欺師で、名前が〝小室敬〟だったことから、視聴者からはツッコミが殺到しています。制作側は『影響はないと思われます』とコメントしていますが、あの〝小室圭〟さんの名前を意図的に漢字違いにしたという声があがるのも仕方ないのではないでしょうか」(エンタメ誌記者)

『最高のオバハン 中島ハルコ』の役名は狙いすぎ?

実際に、ネット上では

《結婚詐欺師の名前、二度見してしまった。小室敬って、どこかで聞いた事あるような…》
《コムロケイは結婚詐欺師。まあ全国民の認識としては合ってるんじゃないの?》
《東海テレビ、コムロケイでブッ込んできたな。ある意味すごいわ》
《ドラマにまで小室敬(圭)が出てくるなんてどんだけでしょうか…意識してないとこんな名前つけないと思う》
《小室敬で吹いた。ブラックユーモア効きすぎだな》

などといった反響が寄せられている。

現在〝小室圭〟さんは、4月8日に公表した長文の説明文章に批判が殺到。秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚に暗雲が垂れ込めている。

小室さんの形勢は日に日に悪化し、結婚を嘆かわしく思っている人も少なくない状況だ。しかし、まさかドラマのように〝結婚詐欺〟だったなどということはないと信じたいが…。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】