『ポツンと一軒家』大ミス! “県名”間違いに呆れ声「聞き逃さなかったよ」

(C)Asier Romero / Shutterstock 

4月25日放送の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)では、徳島県にある一軒家を取り上げた。しかし、番組側がナレーションでミスを犯してしまい、ネット上で批判が殺到している。

この日の番組では、和歌山県や徳島県にある人里から離れた場所に存在する一軒家を捜索。地域の人の情報をもとに、一軒家の実態を徹底調査していった。

問題のミスがあったのは、徳島県のポツンと一軒家の持ち主に密着していた時のこと。番組のスタッフが一軒家について掘り下げていくと、持ち主は住居として使用していないが、孫たちと山で四季を楽しむために時々活用していると明かす。

途中でCMが入り、CM明けにナレーションが現在の状況を説明。そこでナレーションが「和歌山県の山の上のポツンと一軒家の庭で」と、本来ならば〝徳島県〟のところを〝和歌山県〟と言ってしまったのだ。

ツッコミ殺到! ミスを聞き逃さない視聴者たち…

県名を間違えてしまうという致命的なミスに、視聴者からは、

《いま徳島県のポツンと一軒家やのに、和歌山県って言ってたよ!》
《和歌山…? 間違えてない?》
《徳島県やのにナレーション「和歌山県」って言わんかった?》
《徳島県を和歌山県って言ったな…》
《編集してるんじゃないの? ナレーション、徳島を和歌山言うてたぞ》
《徳島県を和歌山県と言い間違えたの、聞き逃さなかったよ》

などと批判的な声が続出している。

「普段は一つの県しか取り上げない同番組ですが、この日は2時間スペシャルで2つの県を取り上げていました。そのため、番組の前半で取り上げた和歌山県と混ざってしまったのかもしれません。ですが、こういったミスがないように何度もチェックを重ねているはず。台本が間違えていたのかナレーターがミスしたのかはわかりませんが…どちらにせよチェック体制が甘いことはたしかですね」(芸能ライター)

初歩的なミスが起こった「ポツンと一軒家」。チェック体制を見直した方がいいかもしれない。

【画像】

Asier Romero / Shutterstock

【あわせて読みたい】