人気声優・小倉唯が“生放送”で放送禁止用語! ファンは大喜びも…

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

大人気声優・小倉唯がパーソナリティを務めるラジオ『小倉唯のyui*room』(文化放送)。4月25日の生放送では彼女がうっかり〝放送禁止用語〟を口にしてしまい、ネット上で話題を呼んでいる。

この日の放送で、記念すべき200回目を迎えた同ラジオ。番組冒頭から200回目の放送に喜びを露わにし、また中盤には小倉が作っている透明なクリアスライムの途中経過報告があった。しかし、そのスライムの感想を話している小倉に事件が。

スライムを手に持った瞬間、小倉の叫び声と共に破裂してしまい、そこで彼女の声を使用した特殊なSEが入る。すると小倉はこのSEについて苦言し、SEの詳細を説明した際に「ちょっとキチ○○」と〝常軌を逸した人〟の意味を指す禁止用語を口にしてしまう。その後、小倉はすぐに言葉を訂正して、CMが開けた時には「先ほどはちょっと不適切な表現をしてしまいまして、大変失礼いたしました」と謝罪を述べていた。

人気声優から思わぬ放送禁止用語が…

生放送ということもあり、予想外の発言を繰り出した小倉に、視聴者も思わず仰天。しかも記念すべき200回目の放送にこのような事件が発生し、ネット上でも、

《生放送で放送禁止用語をこぼした小倉唯さん最高だな》
《普通に放送禁止用語言ってて草》
《小倉唯ちゃん放送禁止用語言っちゃった。これぞ生放送やな》
《まあまあな放送禁止用語を生放送で言ってしまう小倉唯》
《悲報:小倉唯、ラジオにて放送禁止用語を語る》
《小倉唯さんですら思わず言ってしまったあの4文字の放送禁止用語は色々な意味で危険な日本語だと思う》

などの反響が続出している。ファンたちの優しさなのか批判などはなく、むしろ喜びを覚える人たちもいるようだった。

放送禁止用語の発言は褒められたことではないが、そんな失態も小倉のカワイさが全てをカバーしてくれたのだろう。しかし自然に放送禁止用語が出てくるということは、普段からこの言葉を多用している可能性もゼロではないのかもしれない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】