第7世代の新コント番組『新しいカギ』大爆死! “古臭いお笑い”に呆れ声殺到

霜降り明星 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月23日にスタートした新コント番組『新しいカギ』(フジテレビ系)が、初回から大コケ。ネット上では「つまらない」との声も飛び交っている。

『霜降り明星』『チョコレートプラネット』『ハナコ』の3組が出演する同番組。2時間SPの初回は生見愛瑠・鷲見玲奈といったタレントも出演し、華々しいスタートを切った。しかしこの番組の裏で、有吉弘行と夏目三久が夫婦揃って出演した『マツコ&有吉かりそめ天国 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)が放送され、こちらが世帯平均視聴率16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。これに視聴者を持っていかれたのか、『新しいカギ』の記念すべき初回放送は4.7%で大爆死している。

「『新しいカギ』は、今年の年始特番として放送されたコント番組。出演者が『チョコレートプラネット』『霜降り明星』『ハナコ』といった新世代の人気コンビであることから、フジテレビ系の『めちゃ×2イケてるッ!』『はねるのトびら』『ピカルの定理』に連なる〝正統派コント番組〟の系譜だと期待を集めていましたがまさかの大コケ。原因は〝有吉砲〟だけのせいではないようです」(民放キー局関係者)

第七世代というだけでネタが古い

視聴者からはコントの古臭さを指摘されているようだ。

「『新しいカギ』初回放送の1発目のコントが、レストランでプロポーズしようとした男性が、さまざまな邪魔にあってなかなかプロポーズできないというもの。設定がすでに古臭かったが、顔面にケーキをぶつける、レストランのセットが崩壊するなど仕掛けも古臭い。新世代の芸人が集まって、ドリフを彷彿とさせるコントをするのは呆れるしかありませんでしたね。このコントを見てすぐにチャンネルを変えた人も多かったのでは?」(芸能記者)

実際にネット上では、

《チラッと見たけど、やってる本人たちが絶対面白いと思ってないだろうなという内容だったね》
《申し訳ないですが、期待していただけに小手先感満載のコントだらけで…。全体的に弱く感じました》
《笑うとこ一個もなくて 新しいカギというより古いカギだね》
《初回スペシャル期待していたけどクソ面白くない。第七世代というだけでネタが古い》

といった酷評が相次いでいる。

打ち切りにならないよう頑張ってほしいが…。

【あわせて読みたい】