広瀬すず、石原さとみ、菅田将暉が爆死!『日テレドラマ』の問題点が明らかに…

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2021年の春ドラマがスタートを切り、視聴者からさまざまな反響が寄せられている。そんな中、日本テレビ系ドラマの惨状が注目を集めているようだ。

民放各局の今期ドラマの様子を見ていこう。TBSは阿部寛主演の『ドラゴン桜』で手堅く視聴率を獲得し、北川景子の『リコカツ』で主婦層のハートをわしづかみ。川口春奈の『着飾る恋には理由があって』で若者を狙い撃ちするなど、バランスがとれている。

フジテレビは竹野内豊の『イチケイのカラス』がヒットして月9ブランドを死守。松たか子の『大豆田とわこと3人の元夫』はドラマファンからの評価が高く、視聴率は低いものの視聴者満足度は高い。一方、鈴木亮平の『レンアイ漫画化』は残念ながら大爆死だ。