51歳・中山美穂の“激変”にファン騒然「あのミポリンが…」「別人みたい」

中山美穂 

(C)まいじつ 

俳優で歌手の中山美穂が4月27日放送の『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)に出演。あまりの顔面の変化に、ファンがザワついている。

この日、番組では『美容整形&究極ダイエットで大変身! 世界の衝撃事件』SPと題して、ゲストに中山が出演。彼女は、大人の上品さを感じさせる落ち着いた雰囲気の衣装で登場したが、普段の中山とは似ても似つかないほど顔面がパンパンに膨らんでいた。

この放送に、ネット上では

《中山美穂がまるで別人みたいなんだけど…。もしかして超太ったとか?》
《こんな顔だったっけ? あまりにもパンパンだから一瞬誰だかわからなかった》
《フェイスライン、かなり変わったな。年相応なんだろうけど、昔は細くて美人だったから、ギャップが激しすぎてついていけない》
《時は無残だよなぁ。あのミポリンがこんなぱつんぱつんになるなんて…》

などと、中山のあまりの変貌ぶりに戸惑う声が相次いでいる。

中山美穂の“アンチエイジング”が裏目に…?

「中山も今年51歳になりましたからね。年相応の加齢具合と言えますが、視聴者が違和感を覚えたのは、やはりヒアルロン酸を打ったような顔面でしょう。ヒアルロン酸注入は芸能人のアンチエイジングとしては割とポピュラーな手法ですが、やり過ぎると肌がパンパンに張って、太ったように見えるのが特徴です」(芸能記者)

中山は、27日から放送のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5』(テレビ東京系)で、捜査一課の管理官・保科玲を演じているが、同様に顔の変化がネット上で話題となっている。

歳相応の生き方をしたほうが、ファンも安心すると思うのだが…。

【あわせて読みたい】