今井絵理子議員と橋本健市議の醜聞「悪者はどっち」論争が白熱

tamaokun / PIXTA(ピクスタ)

妻子のいる橋本健神戸市議との不倫騒動で、渦中の今井絵理子参議院議員(自民党)について、8月2日放送の『ビビット』(TBS系)が、橋本市議と今井議員の新たな“手つなぎ動画”を放送した。

その動画は今回の不倫疑惑を最初に報じた『週刊新潮』が撮影したもので、新幹線のグリーン車の車内でふたりが手をつなぎ、さらには新幹線の車内を歩く姿も公開された。また、座席で橋本市議の肩にもたれて眠る今井議員の写真も公開され、ふたりの親密さをより印象付ける動画と写真だった。

「現在ちまたでは“今井が悪いのか、橋本が悪いのか”という議論がそこかしこで行われています。どちらにも問題があるのは明らかですが、離婚調停中で恋愛はギリギリ問題ないとしている橋本市議がモラル的に大丈夫で、もしかすると橋本の立場を分かっていて不倫に走った今井がだめなのか。それとも、妻と離婚するまで待てずに今井と恋愛しようとした橋本がだめで、妻子ある男性の誘いに負けてしまった今井が独身ゆえに大丈夫なのか。こういったような“より悪いのはどちらか”という議論です」(週刊誌記者)

 

今井議員から辞職に関する動きも

一部の報道によると、週刊新潮が発売される前日に橋本市議は妻の弁護士と連絡を取り、「離婚届に印鑑を押せ」と迫ったという。

「世間一般の感覚では、妻と離婚調停中に不倫した橋本市議の方がより悪者になっているようです。釈明会見でも尋常ではない量の汗をかいていて、いかにも怪しかった。SNSでも《ベッドの上でもあんなにキモイ汗まみれなのかと思うとゾッとする~》などと、ひどい言われようです。もっとも今井議員も、囲み会見で一方的に淡々とお詫びのポーズを取っただけという印象でした」(同・記者)

SNSではほかにも《元芸能人相手に舞い上がり過ぎだ》、《市議ならやることが山ほどあるだろう》、《離婚調停中にする行動か。脇が甘い》と、今井議員と比較すれば橋本市議を批判する声の方が多いようだ。

そして、ここへきて今井議員が辞職をするのではないかという動きも出てきているという。今回の不倫騒動は、果たしてどういった形で落ち着いていくのだろうか。

 

【画像】

tamaokun / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 非常識ファン「コード・ブルー」ロケ地に大挙して押し寄せ大迷惑

※ まるで社会見学?マンネリ化が酷い「キスブサ」視聴者の不満爆発

※ 恩返しは嘘!中居正広がついに見せた「無責任・自分本位」な本性

※ 離婚調停中の不倫行為に今井絵理子議員への慰謝料請求も

※ 「20年前の写真」絶賛された矢田亜希子だが元夫の押尾学は…