キングヌー・常田の「ヒットソング=優れた音楽ではない」論は本当に正しいのか?

(C)Kues / Shutterstock 

最近『King Gnu』の常田大希が、SNSで《ヒットした音楽=優れた音楽だなんて死んでも思わないくれ(メジャーレーベルにもウヨウヨいる)そういう奴が文化を殺す》と発言し、話題になっていた。しかし彼の考え方は、本当に正しいのだろうか。

いわゆるネット上で定期的に議論されている「世界一売れているハンバーガーは世界一優れた食べ物なのか?」論。食べ物や音楽に限らず、ほとんど全てのコンテンツに当てはまることだが、結局のところ〝売れている〟ということは、何かしらの優れた部分があるように思える。

こと音楽に限っては、アーティストと受け手の感覚が乖離することがままある。例えば『スピッツ』の草野マサムネは、『ロビンソン』について「こんな地味な曲が売れる訳ない」と思っていたとのこと。また『ASIAN KUNG-FU GENERATION』の後藤正文が『リライト』のヒットを受けて、「俺には商才がない」と自虐したことも有名な話だ。