Ado特集で大間違い!『アンビリバボー』にファン激怒「ちょっとは調べろ」

(C)Aila Images / Shutterstock 

4月29日放送の『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)で、『うっせえわ』でヒットを飛ばしたAdoを特集した。Adoの説明に関して大きなミスを犯したとして、視聴者は番組を批判している。

この日は、『PUFFY』や『DISH//』、『ウルフルズ』などヒットを飛ばしたアーティストや楽曲の秘話を紹介する企画を放送。番組は「一度聞いたら忘れられないメロディーと、挑発的な歌詞が今や社会現象にまでなっている」と『うっせえわ』を紹介することに。

番組サイドはAdoにリリース当時の心境を聞いたという。ナレーターは「ヒットしたらいいとは思っていたんですが、まさか本当にそうなるとは思ってもみませんでした。本当に夢のようです」とAdoのコメントを読み上げた。

Adoが『うっせえわ』を作詞した?

ナレーターはここで「…と、あの過激な歌詞を書いた人とは思えないぐらい謙虚」とした。この後、小学生時代のAdoが周囲と趣味が合わず一人ぼっちで、多くの同級生がアイドルに熱中する中、本人は動画配信サイトの「歌ってみた動画」にハマっていたと紹介。中学生になって自宅のクローゼットで歌い、動画をアップするようになったと説明し、「多くのチャートを席捲している『日本一有名な女子高生シンガー』はわずか一畳のスタジオから生まれた」と話を締めた。

しかし『うっせえわ』を歌ったのはAdoだが、作詞したのは男性のプロデューサーsyudou。また、Adoは今年3月に高校を卒業していた。 視聴者はこの誤情報に関して、番組サイドに訂正を求めている。

《間違うのは仕方がないとして、ちゃんと訂正は後日いれなよねアンビリーバボー》
《そういう風に扱うならネット関連の特集やめて欲しいなあ…》
《ガチギレした syudouさんが書いたんですけど…今まで面白いから見てた番組だけど一気に冷めた 二度と見ない》
《誤解招くのやめて欲しい… てかテレビ局の人に言いたい。君たちが1番、うっせえわ》
《これで世間に誤認されたりするのやだな…》
《うっせえわの作詞・作曲者をAdo氏だと放送しただと?syudou氏が作詞・作曲したんだが!? 何を言っているんだアンビリバボーは…》
《syudouさんにもAdoさんにも失礼だ。取材する相手のことくらいちっとは調べろ》

syudouファンが怒ってもしかたないだろう。

【画像】

Aila Images / Shutterstock

【あわせて読みたい】