『四千頭身』にファンもウンザリ…“炎上釈明”で再び批判「後味が悪い」

(C)Asier Romero / Shutterstock 

仲良し芸人がトレンドになっている中で、異様に仲の悪い芸人がいる。お笑いトリオ『四千頭身』だ。

3月26日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)への出演によって、『四千頭身』は大炎上。この件について自身らのYouTubeチャンネル『YonTube』にて〝弁解の動画〟を投稿した。しかし、動画内の都築拓紀と後藤拓実の態度のせいで、今度はファンたちから批判が続出している。

コトの発端は番組内で、都築が石橋遼大へ〝不満〟を打ち明けたことから。そこから2人の言い合いがヒートアップしてしまい、最終的に都築が一方的に怒りをぶつけるような形になってしまったのだ。このことがきっかけで、彼らは4月13日に『金スマでのあの件について、これが全てです【四千頭身】』というタイトルで動画をアップ。そして動画内で都築は「エグいエンジンの入り方してた」「喧嘩くだりが一生落ちなかった」と弁明する。

しかし後藤は石橋へ「お前あれ悪いで?」「あんなんしないでよ」と責め始め、最終的に都築も「あれはでも、お前悪いぞ!?」と2人揃って指摘するのだった。

弁明動画でも石橋が悪者に?

2人は責任を石橋に押し付けていたが、一方で石橋本人は自身の非を認めている。動画ですら石橋を責める2人にファンたちも呆れたようで、ネット上には、

《不仲ネタでいくのもよく分からんし、またバシくんが責められてるのもよく分からん》
《これが全てです。って言いながら2人で石橋くんを責めてるじゃない…。何か後味が悪い動画ですね》
《喧嘩くだりは3人全員が悪かったんだろうけど、この動画も然り最近の後藤の態度はちょっと目に余るものがある》
《都築さんと後藤さんも変わるべきところあるのに、石橋さんだけ変わってるの納得いかないんですけど》
《三人それぞれに非はあるかもだけど、後藤も少し態度や言葉を柔らかくした方が良いと思う》

などと厳しい声が多く見受けられた。

ファンたちは彼らの〝仲悪さ〟にはウンザリしていたようだが、今回の一件で拍車がかかってしまった様子。ネタにすらなっていない仲の悪さだけに、今度の活動が気になるところだ。

【画像】

Asier Romero / Shutterstock

【あわせて読みたい】