平子理沙、益若つばさ…イタい“若作り”が大不評な女性芸能人たち

平子理沙 

(C)まいじつ 

モデルの平子理沙が今年の2月14日で、50歳を迎えた。誕生日当日にインスタグラムを更新した彼女に、ネットではさまざまな声があがっている。

平子は《It’s my birthday~ そして、Happy Valentines Day 50になりました~》と報告。そして、《ひゃ~本当に、あっという間に月日が過ぎていくんですねー。あんまり実感無いけど。でも誕生日は素直に嬉しいですね そしていつも応援していただいてる皆さまに、本当に感謝しています。いつもいつもありがとうございます》と、ファンに感謝した。

50代に突入しても平子は、相変わらずスタイルをキープ。しかし、シミやシワなどのほうれい線が不自然に消えていることから、〝画像加工〟疑惑もあがっているようだ。

たしかに平子がアップした写真は、歯の異様な白さや、シワひとつない美肌が際立っている。そのため、一部ネット上からは、

《瞳をキラキラさせたり一生懸命若さをアピールしているけど、裏で必死に画像加工してると思うと泣けてくる》
《平子の顔は作り物感満載で、好きになれない。アンドロイドみたいなんだよね》
《なぜそんな頑張って若作りするのか不思議でたまらない。歳をとることや50歳になったらダメなんですか? もっとナチュラルでいいのに》
《若く見られたいのは分かるけど、もう少し自然な感じにしないとかえって痛々しいと思う》
《顔はパツパツなのに手がお婆さん。若さへの執着が見苦しい》

などと、画像加工を指摘する声が後を絶たない。

美を追求することに年齢は関係ない。しかし平子に限らず、年齢にそぐわない大胆な若作りアピールで、世人の嘲笑を買ってしまった人たちはほかにもいる。

メークやファッションの“若作り”に厳しい声

タレントでモデルの益若つばさは3月22日、自身のインスタグラムを更新。一時期話題になっていた〝地雷メーク〟を披露した。

彼女は、《白ギャルと量産型&地雷女になりました》とつづり、モデルでユーチューバーの佐藤ノアと2ショットでコスプレ&メークを披露。続けて、《佐藤ノア氏のリクエストで当時のLizlisaギャルに 平成と令和を1日で体験》《この姿「ただいま! おかえり!」って感じですか?笑》とコメントし、白ギャルと地雷女のメークを披露した。

1枚目の写真で益若は、大きな赤いリボンのカチューシャに、ギンガムチェックのワンピースを着用。2枚目の写真では、ツインテールにした髪型に赤いアイシャドーを使用し、地雷女の定番である囲み目メークを施した。

この投稿にフォロワーからは、絶賛の声が寄せられる一方で、一部のアンチからは、

《母親でしょ? いくつぐらいまで年齢に反した格好でがんばるのでしょう》
《毎回顔が変わっている気がする…原型が分からない》
《なるほど。次元を超えた加工処理ということか》
《40歳になっても同じ事してると思うわ。この人自体がリアル地雷》

などと、お決まりの冷めた声があがっている。

益若は、SNSにアップする写真が過剰に加工されすぎていることから、何度も不自然だと指摘を受けている。もっとも、女性誌の『POPTEEN』と『egg』で益若にスポットライトが当たっていたのは、約14年も前のこと。人々のイメージがそこで固まっているからこそ、益若もキャラ変に踏み出せないのかもしれない。

3月25日、元『モーニング娘。』でタレントの加護亜依がインスタグラムを更新。加護はこの日、《今日は撮影 先日、子供と桜並木を歩いたよ! 幸せ~》とつづり、2人の子どもと手をつなぎながら桜の木の前で撮った写真をアップしていた。

写真の加護はヒョウ柄の派手な服に身を包んでおり、ネット上では

《THE関西のおばちゃんスタイルにしか見えません》
《ヒョウ柄って今また流行ってるの? それとも加護ちゃんが大阪のおばちゃんファッションなだけ?》
《派手やな母ちゃん》
《いくら大阪でも、こんな小さな子を連れたお母さんはアニマル柄着ないだろ》
《ヒョウ柄がなんか…》

といったツッコミが起こっている。

最近では、料理の上手さも絶賛されるなど、ママタレとしての人気があがっている加護。しかしその反面、インスタグラムの自撮り画像はキャピキャピ感が目立っていることから、家族写真を多くあげている、元相方・辻希美のインスタグラムと比較する人が多いようだ。

彼女たちが過去の栄光にすがりたくなるのもわかるが、年相応のふるまいを心掛けない限り、好感度は下がり続ける一方かもしれない。

【あわせて読みたい】