『鬼滅の刃』作者・吾峠呼世晴の“人間力”に称賛!「隙の糸が見えない」

(C)Sofia Zhuravetc / Shutterstock 

日本中で一大ブームを巻き起こした国民的作品『鬼滅の刃』が、名誉ある『手塚治虫文化賞』に選ばれた。それに伴い、作者の吾峠呼世晴が受賞に対するコメントを発信。そのコメントの〝秀逸さ〟に、ネット上で絶賛の声が続出している。

同作が選ばれたのは、朝日新聞社が主催する『第25回手塚治虫文化賞』の特別賞。吾峠は賞に選ばれたこと、あわせて《性別や年齢をも問わず、作品、登場人物に愛情を注いでいただいたことに感激しております》と、支えてくれたファンへの感謝を見せる。

また《思いがけず、ほんのいっときでも共通の話題として、皆さまのご家族の輪や、お友達の輪の仲間に入れていただけたこと、とてもうれしかったです》と謙遜する姿勢も見せつけた。