必死な「みなさんのおかげでした」なりふり構わず裏番組を模倣か

(C)まいじつ

8月3日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、新企画『スーパーカーは突然に』が始まった。石橋貴明と『おぎやはぎ』の矢作兼がスーパーカーで田舎に訪れ、そこで出会った地元の人達の情報だけを頼りに、その土地の名物を味わうというコンセプトだ。

有名タレントがスーパーカーでわざわざ地方に来た、というギャップを狙ったものと思われるが、ともすれば時代遅れの企画ととられかねない。また、石橋も矢作も、『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)の笑福亭鶴瓶のように、親しみやすい雰囲気ではないため、地元の人たちと上手く交流できるのかという不安も予想されたが、おおむね好評だったようである。

ツイッターでも、《とんねるずの番組で秋田やってて、しかもめっちゃ地元でビックリ》や、《とんねるず秋田県来てんじゃん!すげー!》などのつぶやきが続々と寄せられ、秋田県を中心にかなりの反響を呼んでいた。

また、スーパーカーと田舎の風景写真をスマホで撮り、インスタグラム(番組では田舎とかけて“イナスタグラム”と表現)にアップする企画も盛り上がりを見せていた。

 

特定地域での視聴率アップが狙いか

普段、テレビでは取りあげられない地域に訪れることで、話題性を高めるという点では、すでに同時間帯に放送されている『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)が先行している。毎回ある県をテーマに、そこで流行っていることや、県民の一般的な性格を紹介するミニドラマが放送されているが、取り上げられた地域の視聴率が40%近くになることもあるという(2010年6月10日放送では長崎地区で平均視聴率42.0%を記録)。

有名人が地方に来るということであれば、放送前から話題になることは間違いない。また、しばらく視聴していなかった人がスーパーカー以外の企画も見ることで、再び見始めるきっかけにもなる可能性がある。

視聴率低迷にあえいできたみなさんのおかげでしただが、今後は地道に地方のファンを開拓していくことになりそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ プロ野球トレード期限終了!「斎藤佑樹はもう需要なし」と関係者

※ 井上真央が1年9カ月ぶりドラマ復帰!「空白の期間」の出来事

※ 斉藤由貴のW不倫報道を喜んだ人たち

※ 「東京タラレバ娘」SP版決定!産休中の榮倉奈々に代わるのは… 

※ 非常識ファン「コード・ブルー」ロケ地に大挙して押し寄せ大迷惑