川口春奈『着飾る恋』大爆死! 視聴率“急降下”の原因は…「中身ぺらっぺら」

着飾る恋には理由があって 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

5月4日、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第3話が放送された。視聴率が急落しているが、ネット上では「内容の薄さ」を指摘する声があがっている。

同作の主人公は、インテリアメーカーの広報として働く、〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)。SNSは10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーだ。社長の葉山祥吾(向井理)に密かに想いを寄せており、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし、努力する日々を送っていた。しかし葉山が突然、社長職を退任して失踪する。

そして、くるみはひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。そこには、超マイペースな性格のミニマリスト・藤野駿(横浜流星)、オンラインカウンセラーをしている関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)が暮らしていた。

第3話では羽瀬の絵が、若手の登竜門と言われる「ART NEW WAVE2021」の最終選考に残る。キャンプ場の近くで展示と結果発表が行われることから、真柴、駿、陽人、羽瀬の4人で絵を見に行きがてら、キャンプをすることになった。

しかし真柴と駿は、第2話で酔った勢いでキスをしてからというもの、なんだかギクシャクした雰囲気。真柴は駿の真意をわからずにいたが、キャンプ場で2人きりになった時、駿は「好きかもね」と真柴に告白した。そして真柴の手を握ると、真柴もそれを受け入れ、手をつないだまま2人はずっと話を交わすのだった。

胸キュンシーンを並べただけの脚本

ネット上では、このシーンに

《きゅんきゅんしすぎて、ちょっとアラサー泣いてますわ…》
《あ~癒されるわ、このドラマ》
《単純な人間なんで、めっちゃニヤニヤしながら見てます》
《単純に、うらやましい》

など、歓喜の声が多くあがっている。一方で、真柴と駿が惹かれ合う過程が今まで特に描かれていないことから疑問の声も。急速に近づく2人に

《えーーーこの2人もっと犬猿の仲になって、徐々に意識していく感じなのかと思った》
《ここにいたるまでの心情の描写がほとんどないからキュンってしないよなぁ》
《この2人の恋愛モードが不自然なんだよな。川口春奈は社長好きだったのにどんだけ尻軽女だよ》
《自分の見落としを疑うくらい脚本が雑》
《真柴・駿カップルが成立するまでの過程にドキドキする物語なんだろうけど、そこが淡々として盛り上がらない》
《おしゃれな雰囲気出してるだけで中身ぺらっぺら》

といった辛辣な声も寄せられている。

第3話では、世帯平均視聴率が6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで下落。適当な胸キュンシーンを並べるだけで、数字が取れるとでも思ったのだろうか。

【あわせて読みたい】