フェミニストが高校生をフルボッコ!“噛みつき”ツイートに呆れ「言葉もない」

(C)Grustock / Shutterstock 

元グラビアアイドルでフェミニストの石川優実が、ツイッター上で高校生を〝フルボッコ〟にして、ネット上から非難が殺到している。

石川は2004年の高校3年生の時にスカウトされて芸能活動をスタート。雑誌『クリーム』で人気になるなどグラドルとしてブレークした。15年12月にはイメージビデオ『わたしのなかの悪魔』を発売。そして、17年にブロガーのはあちゅうが行ったセクハラ告発をきっかけに、自身が受けたセクハラ事情を告発する。そして、19年には「職場でのパンプス着用の強制をなくしたい」と訴える「#KuToo運動」を展開し、大きな話題になった。

今回の騒動の発端になったのは、「#KuToo運動」に賛同する高校生のツイート。高校生は、《自分はまだ学生で世の中がよくわかっていませんが、漠然と男女平等の方がいいと思っています》《デマがあったら訂正するだけ、相手を煽らない。というようにしたらアンチも減って石川さんが活動しやすい状態になるのではないでしょうか。相手がやってきたから自分もやり返していいというのは一理ありますが、損をしているのは明らかに石川さんです。応援しています》と、コメントしていた。