吉岡里帆の再来!?『まめ夫』“魔性の女”登場で視聴者のイライラ爆発

吉岡里帆 

(C)まいじつ 

5月4日、松たか子の主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の第4話が放送された。ドラマの登場人物が、『カルテット』(TBS系)の吉岡里帆を彷彿させると話題になっている。

2017年に大ヒットしたドラマ『カルテット』でコンビを組んだ松たか子&脚本家・坂元裕二氏という組み合わせの同作。主人公の大豆田とわ子(松)は、これまでに3回結婚して3回離婚した〝バツ3〟女性。建設会社の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。田中はレストランのオーナー兼ギャルソン、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は器が小さいファッションカメラマン、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)は、とわ子の会社の顧問弁護士で理屈っぽいひねくれ者。3人の元夫はとわ子のことを〝好きで嫌い〟なようで…。

第4話では、八作が親友の俊朗(岡田義徳)の恋人・早良(石橋静河)からの猛烈なアプローチに頭を悩ます。八作は早良から嫌われようとして、あえてガサツな行動をしたりするものの不発。ある日、八作の家で3人でご飯を食べることになったのだが、俊朗と早良が2人で帰った後に、早良だけが家に戻ってきた。早良は「正直に言って? 私のことタイプでしょ」と自信満々で八作にせまるも、八作は「タイプでも好きにならないことはあります」とかわすのだった。

『カルテット』吉岡里帆の再来?

その後も早良は八作にアプローチをかけるのだが、ネット上では彼氏の親友に手を出す早良にドン引き。そして、その悪びれることない魔性でサイコな振る舞いが

《石橋静河は「カルテット」の吉岡里帆か?》
《大豆田とわ子に出てくる石橋静河の立ち位置が、カルテットの吉岡里帆に見える》
《石橋静河、新悪女爆誕かもしれない。私のイライラがおさまらない》
《石橋静河はカルテットを軽く超えてきたわ、若気の至り的な小悪魔でもないしね。頭も悪くなさそうで策士》
《吉岡里帆は、あの役はすごくムカつくんだけど圧巻すぎて逆に好かれてた。石橋静河はもう女優も役も嫌って感じ》

など、『カルテット』の吉岡と似ているとの指摘が多い。

だが、振り切っていた吉岡の役に対して、石橋の役は陰湿。人気キャラになりそうではないだけに、嫌われ損になってしまうかもしれない。

【あわせて読みたい】