『ものまねGP』YOASOBIの“歌マネ”に批判「壊滅的に似てない」「忖度?」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月4日放送の『ものまねグランプリ ガチの歌ものまねNo.1決定戦』(日本テレビ系)に対し、ネット上で「いくつか似てないものまねがあった」との感想が吹き荒れた。中でも、『YOASOBI』のものまねで4位に輝いた荒牧陽子が、「似てなさすぎ」「忖度だ」といっそう物議を醸している。

今回、番組は〝歌ものまねのみ〟という新たな試みを行った。誇張やごまかしが効かないシンプルな実力勝負となった上、選曲は『うっせぇわ』『ドライフラワー』といった最新のヒット曲が入り、若年層も食いつきやすい構成に。荒牧も「YOASOBI」の『夜に駆ける』をチョイスし、新たなものまねジャンルを開拓するのだった。

しかしこのものまね、歌は上手いが「YOASOBI」の特徴を捉えたとは言えない出来で、ものまねとして評するとなかなか厳しいものが…。視聴者からは