松井珠理奈の“卒コン”に大ブーイング! 今週の嫌われ女ランキング

松井珠理奈 

(C)まいじつ 

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも〝嫌われた女〟ランキングと、代表的な記事をご紹介します(5/6配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 松井珠理奈 : 松井珠理奈の“卒コン”に大ブーイング!「理解不能」「ガッカリした」371pt.

松井珠理奈の“卒コン”に大ブーイング!「理解不能」「ガッカリした」

2位 石原さとみ : 石原さとみ完全敗北!? 吉岡里帆の『レンアイ漫画家』好調で明暗クッキリ… 137pt.

石原さとみ完全敗北!? 吉岡里帆の『レンアイ漫画家』好調で明暗クッキリ…

3位 AKB48 :『AKB48』人気が風前の灯火…ネガティブ報道はメンバー内リークが原因か? 95pt.

『AKB48』人気が風前の灯火…ネガティブ報道はメンバー内リークが原因か?

4位 大物女優 : ドランクドラゴン鈴木拓をシカト! 横柄な“大物女優”って誰…? 80pt.

ドランクドラゴン鈴木拓をシカト! 横柄な“大物女優”って誰…?

5位 橋本環奈 : 橋本環奈の“趣味”はおじさんウケ抜群? 好きなバンドに飛び交う憶測 66pt.

橋本環奈の“趣味”はおじさんウケ抜群? 好きなバンドに飛び交う憶測

6位 大塚愛 : 大塚愛の“最新写真”に違和感?「こんな顔だっけ…」「別人だわ」64pt.

大塚愛の“最新写真”に違和感?「こんな顔だっけ…」「別人だわ」

7位「紀州のドン・ファン」元妻 :「紀州のドン・ファン」元妻と“絡んだ”しみけんが激白! その素顔とは… 59pt.

「紀州のドン・ファン」元妻と“絡んだ”しみけんが激白! その素顔とは…

8位 人気女性声優 : 人気女性声優にオタクが発狂! 声優が“高い服”を着ると叩かれるのはナゼ? 44pt.

人気女性声優にオタクが発狂! 声優が“高い服”を着ると叩かれるのはナゼ?

9位 西野七瀬 : 西野七瀬ブチギレ! 田中みな実に“声の小ささ”指摘され反論「プライド高い」43pt.

西野七瀬ブチギレ! 田中みな実に“声の小ささ”指摘され反論「プライド高い」

10位 紗栄子 : 紗栄子の“結婚観”に疑問の声殺到「ダルビッシュの時と全然違う」 41pt.

紗栄子の“結婚観”に疑問の声殺到「ダルビッシュの時と全然違う」

石原さとみは“仕事選び”がヘタ?

今週もっとも注目を集めたのは、元『SKE48』の松井珠理奈にまつわる話題。彼女は4月29日、名古屋市のSKE48劇場で卒業公演を開催しました。

卒業公演には松井を中心として結成されたユニット『ラブ・クレッシェンド』の現メンバー、井上瑠夏、野村実代、松本慈子、江籠裕奈、熊崎晴香、菅原茉椰が出演。しかし、オープニングに松井の姿はなく、ようやくステージに姿を現したのは開演から48分後の9曲目でした。

「松井はメンバーのソロコーナーの最後に登場し、『お待たせしました! 出てくるの遅えよって思ったでしょ?』と、ご機嫌の様子でしたね。満を持しての登場に会場は大いに沸きましたが、一部のファンからは不満の声もあがっています。さすがに約50分も出演しないのは引っ張りすぎでしょう。また、松井は公演前の24、25日のイベントを体調不良で欠席しており、〝40度の熱を出していた〟ことが発覚。運営からの発表によると、PCR検査は陰性だったといい、体調が回復したことから今回の出演は問題なしと判断されたようです」(アイドルライター)

松井の出演にネット上では、

《3日前に高熱って…。なんか松井珠理奈さんも、周りの大人達も常識が足りないというか、社会的偏差値が低いというか。残念な人達だ》
《約50分も主役が出てこないのはオタクにとっては悲しい演出です。しかもコロナの疑いだってないわけじゃないし…。卒コン楽しみにしていたけど、ガッカリした》
《自己管理能力どうなってるんだろ。今の時期にそんな恐ろしい事実をわざわざ発表するのも理解不能》

などと、大ブーイングが吹き荒れていました。

松井の卒業公演は、コロナ禍で予定より約半年遅れでの開催でした。いざ、幕が上がってみれば松井は遅々として登場せず、さらには病み上がりで笑顔を振りまかれていたことを知らされたファンは、さぞ複雑な気持ちだったことでしょう。

続いては、鈴木亮平と吉岡里帆が出演するドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)にまつわる話題。4月30日に第4話が放送された同作に、称賛の声があがりつつあるのです。

初回の世帯平均視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と低調で、第2話は5.1%、第3話は4.8%と下がり続けていましたが、第4話は5.7%と大きく盛り返しました。

「最初は『設定に無理がある』『吉岡里帆の演技が下手』とのツッコミが相次いでいましたが、回を重ねるごとに違和感は取り除かれたようで、継続して見る人が増えているようです。第3話あたりから鈴木演じる刈部と、吉岡が演じるあいこの仲に進展の兆しが見え始めたことも、視聴者を離さない要因になっているでしょう」(芸能記者)

ネット上では、

《私は意外と皆さんの演技がすーと入ってきて違和感なく見れてます! 見てらんないのが、石原さとみさんの演技。今までなんとも思わなかったのですが、さすがに今回のドラマで受け付けなくなりました》
《ぶりっ子でも吉岡里帆にはイラつかないが、石原さとみにはイライラする》
《演者のネームバリューで負けてると思ってたけど、内容的には完全にレンアイ漫画>恋はDeepになんだよな》

など、石原さとみが出演している『恋はDeepに』(日本テレビ系)と比べる声が続出しています。

「両作の共通点は、男性側がどちらもアラフォーだということ。〝39歳の綾野剛 VS 38歳の鈴木亮平〟という対決になりました。また、男性ウケが高い石原と吉岡の対決という側面もあります。似た感じの両作でしたが、脚本に決定的な差がでましたね。『恋はDeepに』の古臭いうえにファンタジーな脚本は評判最悪で、視聴率は下がりっぱなし。一方で『レンアイ漫画家』は視聴率を盛り返しており、ストーリーが評価されているようです」(芸能記者)

俳優にとって、仕事選びは何よりも大事だと言えるでしょう。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】