本田翼の“子育てゲーム論”に全国の親から批判殺到「無責任なこと言うな」

本田翼 

(C)まいじつ 

今やすっかりゲーム好きのイメージが定着したタレントでモデルの本田翼が、5月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、ゲームと子育てに関する持論を述べた。

本田は「素晴らしきゲームの世界」というコーナーに登場。〝どうしても言いたいこと〟として、「ずっとゲームしているお子さんを見ると、『ゲームあと何分よ』って区切りたくなる方、多いと思います。『あと30分ね』とか『10分だけよ』とか」と子を持つ親にモノ申し始めた。

続けて、本田は「やめてあげてほしい。最近のゲームは時間じゃないんです、試合で区切るんです。だから親御さんに言いたいのは『あと1試合だけよ』って言ってほしい」と時間で制限しないように、ゲームをする子どもの視点に立って全国の親を批判。「バトルロイヤルゲームは試合終わらないとやめられないんです。30分で試合を終えられるかというと、終えられないこともある」など、ゲーム事情を交えながら訴えかけていく。

最後は、「あと1人倒せば優勝できるという時にお母さんがプチッとすると、子どもはお母さん嫌いになっちゃいます。(ご飯の時は)30分前ぐらいに子どもに『あと1試合よ』って、手前で言ってあげてください。そしたら子どもも喜んでご飯を食べに来てくれると思います」とコメントし、親たちへゲームに関する正しいしつけを求めたのだった。

教育的視点が抜け落ちた“ゲーム優先”の物言いに呆れ

しかし、この発言に対し、当の親たちからは反発が。ネット上には、

《ゲームに生活を合わせていくのが普通だと思ってるんだね》
《時間守るって大事だよ。ゲームだけに限らず決められた時間の中で動くことは子どもの頃から学ぶべきだし、それを知らずに育って社会に出てから困るのは子ども》
《子どもがいない人に言われても… 無責任なことは言わないで欲しいわ》
《時間で制限した方がいい 大人になってからも時間の管理はどの仕事でも必要になるし》
《学校の授業で区切りが悪いからって授業時間を伸ばされたら嫌でしょ?って言ってやればいい》

など、子育てを経験していない本田の無責任さを指摘する声が殺到してしまった。

「本田が語っているのは、あくまでゲーム好きの視点から子どもに同調しただけの論理。決められたルールの中でどう楽しむかを工夫したり、世には理不尽なこともあると学ばせる教育的視点が抜け落ちています。今年29歳の本田ですが、子育てを経験していない以上、子どもの側にしか立てないのはある種当然でしょうね。よく橋下徹元大阪府知事が、政治家と学者の関係を引き合いに『学者は理想論ばかりで現場の実態を知らない』『実態を知らないのに無責任な批判ばかり』などと言いますが、これと同じ構図。経験していない以上は、実態を知らない理想論しか振りかざせないのです」(教育評論家)

童心を忘れないのはいいことだが、〝非常識〟と言われない範囲に留めるバランス感覚も大事だ。

【あわせて読みたい】