『レンアイ漫画家』観月ありさの“異次元スタイル”に驚き「何頭身あるの!?」

観月ありさ 

(C)まいじつ

鈴木亮平主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)第5話が、5月6日に放送された。ゲスト出演した観月ありさのスタイルに、ネット上では驚きの声が多くあがっている。

同作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、〝ダメ男ホイホイ〟と呼ばれるアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)という恋に不器用な2人が描かれるハートフルラブコメディー。あいこは刈部の指令を受けてターゲットの男性と恋愛をして、その体験談をネタにして刈部が漫画を描いていく。

第5話では、あいこの姉・緒方るりこ(観月)が登場。刈部の家で居候しているあいこだが、るりこには同棲をしていると嘘をつく。「同じ屋根の下で同棲、イコール結婚」という厳格な考えを持つるりこを納得させるべく、刈部とあいこは恋人のフリをすることになった。

観月ありさと共演者との差がクッキリ…

セレブリティーな雰囲気を醸し出していたるりこだが、視聴者の間では観月のスタイルの良さが話題に。他の出演者と並んだ様を見て

《観月ありさマジで顔ちっちゃ!》
《観月ありさん顔ちっちゃすぎてすごい》
《今日はひたすら観月ありさの顔の小ささと演技の下手くそさを確認する回だわ》
《観月ありさ何頭身なんだろう。すごい》
《観月ありさこのドラマの中では異次元なスタイルだなと思った、腰の位置も一人だけ高い気がする》

などと驚きの声が多くあがっている。

「観月はこれまで、〝主演しかやらない〟俳優として知られ、長らくそのスタンスを貫いてきました。今回のように脇役をやり始めたのはここ数年のこと。脇役として出演することで、余計にスタイルの良さが浮いて見え、目についてしまうのかもしれません」(芸能記者)

共演者としては、横に並びたくない俳優と言えるだろう…。

【あわせて読みたい】