松居一代が海外逃亡!? 「アメリカで勝負」意気込むも…

(C)まいじつ

船越英一郎と泥沼の離婚騒動の渦中にある松居一代が、海外移住を決意したようだ。ブログではアメリカでビジネスで成功することを目標に掲げているが、松居はそう簡単にアメリカに行けない事情があるという。そこで、数年前に一時期住んでいたシンガポールに渡り、そこから船越への攻撃を続けることになりそうだ。

松居と船越の離婚問題が発覚して1カ月。松居はブログやツイッター、動画投稿を駆使して船越を攻め立てている。一方の船越は所属芸能プロダクションのホリプロが、松居の業務妨害、および名誉毀損について法的措置を取ったことを明かしている。

「ホリプロが粛々と手を打っ たことで、松居の主張がメディアで流れることはなくなりました。日本にいても芸能メディアに追い掛け回されるだけで、逃亡生活を強いられている松居は、海外脱出を決めたといいます。日本にいなくてもSNSを使えば、海外からでも主張を届けられると判断したのです」(芸能プロダクション関係者)

 

アメリカ入国に大きな「障壁」にある松居

かねてから松居はブログに《還暦過ぎてアメリカで、勝負しようと決意している自分に、驚きですよ》などと書き、実業家としてのアメリカ進出を公言してきた。

「ただし、アメリカへ行くためには、大きな障壁が残っています。船越の不倫相手として糾弾したハワイ在住の女性からハラスメント容疑で訴えられており、ハワイ地裁から出廷命令が出ているが無視している状態であるためでる。これをクリアしない限り、アメリカへ入国することは難しい 。そのため、とりあえずビザがあるシンガポールに向かい、そこを拠点にするつもりのようです」(テレビ局関係者)

テレビ局など既存のメディアをまったく信用していない松居からすれば、インターネット環境さえあれば、どこの国に住んでいても自分の意見を多くの人に届けられるし、本業でもあるビジネスもできる。意外に冷静な判断から、日本脱出という決断に至ったようだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 斉藤由貴のW不倫報道を喜んだ人たち

※ プロ野球トレード期限終了!「斎藤佑樹はもう需要なし」と関係者

※ 井上真央が1年9カ月ぶりドラマ復帰!「空白の期間」の出来事

※ 「東京タラレバ娘」SP版決定!産休中の榮倉奈々に代わるのは… 

※ 非常識ファン「コード・ブルー」ロケ地に大挙して押し寄せ大迷惑