『Mステ』タモリもポカン顔? ネクストブレーク特集に「全然楽しくない」

タモリ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

5月7日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、ブレーク寸前のアーティスト特集を放送。司会であるタモリの、興味なさそうな態度が視聴者の間で話題になっている。

この日放送されたのは、「次にブレークするアーティストが分かる! 先取りチャート特集」。YouTubeで流行っている楽曲のチャート『Top User Generated Songs』と、人気急上昇中の楽曲がわかるチャート『Heatseekers Songs』のランキングを参考に、次に流行る楽曲を読み解いていった。

番組冒頭にボーカロイドを使用した楽曲『グッバイ宣言』や、話題のシンガー・Adoによる楽曲『うっせぇわ』と共に企画の概要が説明されたのだが、タモリは全く興味がない様子。その後、「グッバイ宣言」を手掛けたChinozoへのインタビュー動画なども取り上げられたものの、タモリはこれに対しても興味を示さない。タモリだけではなく他の出演者もピンとこなかったようで、ワイプ越しに終始冷たい空気が漂っていた。

タモリも視聴者もポカン?「反応に困ってる」

「次にブレークするアーティストが分かる! 先取りチャート特集」が終了するまで、タモリは能面のような表情に。するとネット上では、

《タモリさんポカンだよ》
《タモさんが反応に困ってる感じがする》
《1曲も分かってなさそう》
《ネクストブレークアーティストやるのはええけどさぁ…。タモリさんの顔見てみ?》
《タモさんつまらなそう。わたしも久しぶりにMステ観たけど、全然楽しくないし。すべて同じ曲に聴こえる、最近のアーティストは個性が全くない》
《サングラス越しでも分かるタモさんのキョトンが草》

といった声が続出。ボーカロイドを用いた楽曲が多く取り上げられていたので、きっと突然聞こえてきた電子音に混乱してしまったのだろう。

動画配信サイトで流行している楽曲を後追いで取り上げる昨今のテレビ番組。若者は嬉しいかもしれないが、ネットに疎い層にとっては酷なのかもしれない…。

【あわせて読みたい】