『サザエさん』サザエが母の日に“KYムーブ”!「子どもが怒ってた」

(C)Stockfotografie / Shutterstock 

5月9日の『サザエさん』(フジテレビ系)では、母の日にちなんだエピソード「母の日サプライズ」を放送。しかし、物語の中で描かれたサザエの空気が読めなさすぎる行動に、視聴者からは困惑の声があがっていた。

今回のエピソードをざっくりまとめると、カツオとワカメ、タラオが母の日にサプライズをしようと画策するお話。しかし、彼らの計画を知ったサザエは、フネにサプライズのことをバラしてしまう。結局フネとサザエがリアクションの練習をしている所を子どもたちに見つかってしまい、なんだか微妙な雰囲気に。サザエの軽率な行動で、カツオたちのサプライズが台無しになってしまったのだ。

サプライズをバラしてしまったサザエに、ネット上では、

《サザエ、そういうところだぞ》
《思わず『バラしちゃうのかよ』って呟いちゃった》
《サザエさんめちゃくちゃ口軽いじゃん》
《うちの子どもも『サザエさんひどい!』って怒ってた》
《子どもたちがかわいそう》

といったツッコミが。また普段は聖人枠で知られるフネにまで、《知らないふりをしとけばいいのに、意識しすぎ》と苦言が寄せられている。

サザエの口の軽さは昔から

ちなみにサザエが口の軽さで失敗してしまうのは、今回に限ったことではない。そもそも公式サイトのキャラクター紹介でも、「おしゃべりとおっちょこちょいなのがたまにキズ」と紹介されている。印象的なのは「うわさの震源地」というエピソードで、サザエが広めたウワサが間違って伝わり、「サザエがマスオを追い出した」と町内で囁かれることに。最終的に誤解は解けるのだが、そもそもサザエが〝噂の震源地〟なので、身から出た錆と言えるだろう。

このような経緯があり、サザエのことをすっかり〝口が軽いキャラ〟と認識している人も多い模様。今回のエピソードに関しても、

《サザエは昔からそういうやつだよ》
《サザエさんの口が軽いのなんていつものこと》
《あの家でサプライズを隠し通すなんて不可能》
《サザエさんがやらかすパターンの物語は、大体口の軽さが原因》

といった声があがっている。

とはいえサザエの口が軽いことは、カツオたちも嫌というほど知っているだろう。にも関わらず、何の対策もせずにサプライズを決行したのは、あまりにも考え無しと言わざるをえない。いずれまたサプライズを企てる時は、何らかのサザエ対策を講じてもらいたいものだ。

【画像】

Stockfotografie / Shutterstock

【あわせて読みたい】