ローラ“波動”に目覚める! スピリチュアル発言に心配の声「プペル観てそう」

ローラ 

(C)まいじつ 

モデルでタレントのローラが5月10日に、自身のツイッターを更新。〝意味不明〟なツイートを投稿し、ファンをザワつかせている。

ローラは《なんだか、いつもすごく不思議におもう。人間って脳みそを頭にくっつけて歩いているのに、自分の脳に詳しくないのはなんでなんだろう~って なんでかなぁ》とツイート。

さらに、11日には《きっとね波動なんだよ 人間の波動を高くすることが、人間の本来の生きる意味を理解する事ができて、自然と共存する愛にあふれる未来になっていくとおもう 急がなくちゃ》と、スピリチュアルな発言を続けた。

これらの発言に、ネット上からは

《意識高い系に行こうとして、何か大切なものを踏み外す人って多いよね。ローラ大丈夫?》
《藤原紀香みたいなこと言ってんな。なんか危ない宗教とかハマってません?》
《どうやらローラの中で波動が目覚めたようだ…。オッケー!》
《ローラの上質な脳みそを少し分けて欲しいくらいだ!》
《ローラ知らないうちに波動使いになっとるやん》
《プペルとか観てそう》

などと、さまざまな声があがっている。

スピリチュアル思考でたびたび炎上を招くローラ

「ここ数年、ローラは環境問題に言及するなど、意識の高い行動を見せていますが、どれだけの知識的裏付けをもって発言しているかは、はなはだ疑問ですね。昨年10月には自身のインスタグラムで、水や波動について多くの著書を発行している江本勝氏の『水は答えを知っている』を紹介し、《もしまだ読んだことがない人がいたら…ぜひ》とPRしました。しかし同書の内容は、2006年にNHKの『視点・論点』にて、大阪大学・菊池誠教授が『科学的根拠の無い〝ニセ科学〟である』と批判。ローラはバッシングを受けていました。しかし、どうやら〝波動熱〟はまだ冷めていなかったようですね」(週刊誌記者)

またローラは2018年に、沖縄県名護市・辺野古の埋め立て問題について自身のインスタグラムで言及し、炎上を招いていた。

意識が高いことはもちろん結構だが、過激なスピリチュアル路線でファンを心配させないように心掛けてほしいものだ。

【あわせて読みたい】