きゃりーぱみゅぱみゅ“将来の夢”を明かすも厳しい声「何歳までそのキャラ?」

きゃりーぱみゅぱみゅ 

(C)まいじつ 

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが5月10日、渋谷区公認の仮想空間『バーチャル原宿』の公式サポーター就任式に出席。今後の〝展望〟を明かしたが、さまざまな声があがっている。

『バーチャル原宿』は、原宿のポップカルチャーを発信していくプロジェクト。昨年5月に誕生した『バーチャル渋谷』に続き、今月25日にオープン予定となっている。きゃりーは読者モデル時代、原宿を中心に活躍していたこともあり、公式サポーターに就任することとなったようだ。

就任に関して、きゃりーは「原宿に出会って、きゃりーぱみゅぱみゅが生まれ、今年で10周年となりました。これまで、かわいいトレンドを発信してきたけれど、これからもそういったものを発信していきたい」と意気込みをみせた。

今後の仮想空間への意気込みに関しては「バーチャルの世界で活動してみたい。バーチャルな空間でのKPP(きゃりーぱみゅぱみゅ)を作って、ライブをしてみたいです」とコメントした。

きゃりーぱみゅぱみゅの“若作り”は限界?

きゃりーの発言に、ネット上では

《いつもバーチャルみたいなもんじゃん、フェスでも人気ないのに大きいステージで客は疑問に思ってるよ》
《このカラフルで個性的なキャラはあと何年保てるんだろう。めちゃくちゃ大変そう…》
《もう28歳か。このキャラもそろそろ限界だと思うよ》
《きゃりーの他に次世代がいるのでは? この方はもう若者代表ではない気がする》

などといった声があがっている。また、相変わらずきゃりーの〝激変〟が気になる人も一定数いるようで

《ツイッターにあげてた写真と就任式の顔、全然ちゃうやん》
《最近また太った? 何かのテレビで見て驚いた》
《ちょっと老けたよね。顔が丸々としてるからそう見えるのかな》

などといった声もあがっている。

「きゃりーの代表曲『つけまつける』や『ファッションモンスター』などが流行ったのは、きゃりーがハタチ前後だった2011年から12年ごろにかけてのこと。その後もヒット曲は細々と生み出していますが、ワールドツアーの動員数は10万人強と、爆発的な人気になることはありませんでした。にも関わらず、アラサー間近のきゃりーが『今後も同じ路線で行く』といったニュアンスの発言をしていたことに、心配の声があがっています。また、今年2月に『爆報!THEフライデー』(TBS系)にゲスト出演した際も、VTR内の顔つきに対し、スタジオのきゃりーの激太りを指摘する声があがっていたことから、容姿の変化もたびたび懸念されているようです」(音楽ライター)

そろそろ無理のない〝キャラ変〟をしたほうがよさそうだ。

【あわせて読みたい】