横浜流星がひたすらウザい?『着飾る恋』キザな行動にイラッ「やめてほしい」

横浜流星 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

5月11日、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第4話が放送された。横浜流星の演じるキャラが「ウザい」と批判を集めつつあるようだ。

同作の主人公は、インテリアメーカー広報の〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)。SNSのフォロワーは10万人近くを誇るインフルエンサーだ。社長の葉山祥吾(向井理)に密かに想いを寄せていたのだが、葉山が突然、社長職を退任して失踪。そして、真柴はひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。そこには、超マイペースな性格のミニマリスト・藤野駿(横浜)、オンラインカウンセラーをしている関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)が暮らしていた。

第2話で真柴と駿は、酔った勢いでキス。さらに第3話では、駿は真柴に「好きかもね~」と告白。しかし第4話でも2人の距離は微妙なままだった。友達以上恋人未満な関係で話は進んでいく。駿は真柴を2人きりで蕎麦屋に誘うものの、他のルームシェア仲間を誘わない理由を「店が狭いから」などと話を濁す。また、真柴のことを、インスタでのユーザーネーム「マメシバ真柴」とフルネームで呼び続けるなど、不思議な距離を取り続けた。

横浜流星がただただウザいだけのドラマに…

その一方で、夜、駿は真柴の住む隣の部屋の壁に向かって〝コンコンコンコン〟と4回たたいて合図を送る。真柴はなんのヒントもない状況で、それが「お・や・す・み」の合図だとすぐに超能力で察し、〝コンコンコンコン〟と返す。すると駿は嬉しそうにニンマリとし、再び〝コンコンコンコン〟と返していた。ほかにも、メークばっちりで着飾って仕事に向かう真柴を見て、駿は「ビフォーのほうが良い」と付き合ってもないのに彼氏面で指摘するなど、直球でアプローチを仕掛けている。

ドラマ内では胸キュン的な雰囲気で描かれている駿の行動だが、視聴者は微妙な距離感を保ちながらもグイグイくる様子に段々腹が立ってきたようで、

《流星のキャラちょっとウザくなってきた…》
《流星がウザくて脱落しそう》
《いやいや、壁ノックでアイシテルのサイン送ってくんなきもい》
《まずマメシバ真柴さんっていうサムいあだ名をやめてほしい》
《一生懸命おしゃれしたのにbeforeの方がいいってw うざすぎるw》
《着飾る恋は横浜流星がただただウザいだけのドラマ》

と怒りの声が出始めている。

圧倒的なイケメンでありながら、視聴者からウザがられてしまっている横浜。この役を他の俳優が演じていたら、大事故になっていたことだろう。

【あわせて読みたい】