第7世代は損してる!?『霜降り』粗品の言い訳に反論殺到「都合悪くなると…」

霜降り明星 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

5月9日、お笑いコンビ『霜降り明星』粗品が、自身のYouTubeチャンネルで先輩芸人に抗議した。しかし「ただの八つ当たりだ」と逆に批判を受けている。

今回の動画では、焼き肉店で『霜降り明星』の2人が飲み交わしながらトークを展開。せいやが発したことから、その名が広まった〝お笑い第7世代〟という名称について話していった。大流行した〝第7世代〟だが、せいやは「流行って廃れようとしてるからね」「『第7世代何がおもろいねん』ってなってるくらい一周回ったからね」と、流行が終わりを迎えてきていると指摘する。

ここで粗品は「宙ぶらりんな先輩方にフリにされる人生、もうええで」と突然先輩に抗議を始める。「あんたらもう、第7世代フリにしてもダサいで」「先輩が自分らをさげて『第7世代すごいから』って言ってるずるい構図、もういらんねん。俺ら、EXIT、宮下草薙、四千頭身、全員損してますし。我慢してますから」と怒りをぶちまけると、せいやも「第7世代損しているからな」と同調していた。

プラスイメージにならなくなった途端に…

しかし、ネット上では

《いや得してるだろw 実力もないのに使われたんだから》
《第7に実力あれば、プロレスしながらお互い上がっていけるんだよな。踏み台にされたのは結局そこで実力の差が出てるだけ》
《パッケージで散々売ってもらっといて、実力不足の代名詞になったら「第7世代でイジんなや!」ってのは無理しかない》
《自分たちから世代抗争ネタふったのに都合が悪くなると全損してるって…》
《霜降りだけは損してる気がするけど他の若手はブームのおかげで得してると思う》

といった反論の声が殺到している。

「第7世代という言葉が流行りだしたころ、『人を傷つけない新しい笑い』とチヤホヤされてテレビに引っ張りだこになりました。しかし、テレビ番組で結果を残せない日々が続き、最近では〝第7世代=新しい〟というイメージから、〝第7世代=つまらない〟というイメージに。そしてこうなったとたん、『第7世代は損してる』と言い出すのは、ズルい・ダサいと思われても仕方ないでしょう」(芸能記者)

第7世代という括りがプラスに働くかマイナスに働くかは、自分たちの実力次第ではないだろうか。

【あわせて読みたい】