『呪術廻戦』コラボTシャツ大不評!“ユニクロ=オシャレ”は大間違いだった

(C)Champion studio / Shutterstock 

6月4日に『ユニクロ』のグラフィックTシャツブランド『UT』から、人気漫画『呪術廻戦』のコラボTシャツが発売される。公式サイトでデザインが公開されているのだが、ネット上では「ダサすぎる」と不評のようだ。

今回のコラボ第1弾で発売されるのは、作中の印象的なシーンや名セリフなどをプリントしたグラフィックTシャツ。例えば、同作のヒロイン・釘崎野薔薇をモチーフにしたTシャツは、彼女が「喜べ男子。紅一点よ」と言い放つ自己紹介シーンが胸の部分にプリントされている。

その他、五条悟のイラストがど真ん中にプリントされたTシャツなど、「呪術廻戦」のキャラクターを全面に押し出したコラボ商品が揃うようだ。

しかし、ネット上では、

《正直ダサい…》
《このTシャツ着て外出るのは厳しいかも》
《五条さん好きだけど、流石に私服としては着れない》
《『呪術廻戦』好きだけど、欲しくなるようなデザインじゃない》
《もうちょっと普段着としても着れるデザインにしてほしかった》
《ユニクロは買わないわ》

などと不評の声が続出している。

以前から大不評な「UT」のコラボTシャツ

キャラクターTシャツにはありがちなことだが、大人が普段着として着るには厳しい…と思われている模様。「UT」は以前からさまざまなコラボTシャツをリリースしてきたが、

《ここ最近のユニクロコラボは全然よくない》
《ユニクロのコラボっていつもデザインが微妙》
《なんかアニメとコラボっていっても、何処かで見たことある絵をプリントしてるだけ》
《なんか新しい事しなくなったな。適当なコラボばっかり》

と、いずれも不評のようだ。

「『UT』のコラボTシャツといえば、昨年の『ポケットモンスター』とコラボしたTシャツが物議を醸していました。ピカチュウなどお馴染みのポケモンの、身体の一部が欠けているように見えるイラストがプリントされており、《不気味過ぎる》と大不評。以前は《普段着としても着られる!》とデザイン性が評価されていた『UT』のコラボTシャツですが、最近はどこか迷走している印象を受けます」(アパレルライター)

例の〝ウイグル問題〟の件もあり、ブランドイメージを落とし続けている「ユニクロ」。漫画やアニメの盲目的なファンが、喜んで着てくれることを期待しているのかもしれない。

【画像】

Champion studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】