スギ薬局“ワクチン騒動”謝罪もイメージ失墜! 苦しい言い訳に批判殺到

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

世界各国に遅れを取りながらも、医療従事者や高齢者を対象に、なんとか新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を進めている日本。ワクチン接種の予約が取れない人が続出している中で、『スギ薬局』を経営する『スギホールディングス』の杉浦広一会長と、その妻がワクチン予約を〝優先確保〟したことが発覚して世間を賑わせている。

問題視されているのは、愛知県西尾市に在住している杉浦夫妻に対する市の特別扱い。愛知県・西尾市は近藤芳英副市長の指示のもと、2人分の予約枠を優先的に確保していたという。

杉浦氏は4月12日から西尾市に「ワクチンの接種を楽しみにしている」などと電話を入れ、その後、秘書を経由して高齢者入所施設枠で優先的にワクチンの接種ができないかと打診したとのこと。電話を受け取った課長は「特別扱いはできない」と断ったものの、再三の電話があり、近藤副市長に相談したそうだ。

その結果、市は杉浦夫妻のワクチンの予約枠を優先的に確保。このことが明るみになると近藤副市長は、「会長ご夫妻にはですね、西尾市はこれまでさまざまなかたちでご支援いただいております」「何らかのかたちでお返しできないかと」と、特別扱いした理由を説明した。杉浦夫妻は開始日の5月10日にワクチン接種を受ける予定だったが、外部からの指摘を受けて予約は取り消されることに。

上級国民に忖度か? 国民から怒りの声が続出!

ギリギリのところで回避された杉浦夫妻の〝割り込み接種〟。しかしネット上では、

《不愉快。副市長もスギ薬局もイメージダウン、不信感は、免れませんね。平等にお願いします》
《他の地域でも有力者優遇はいくらでもありそうですね。全国的に一般の方は電話をしたり並んだり苦労しているのに、ずるいなと思います》
《著しく平等を欠いた扱いだと思う、部下を使ってこう言うアプローチをしている人は多いのだろうね》
《上級国民だと思ってる痛い人だね~笑 スギ薬局もともと行かないけど、これからは絶対行かないわ》
《西尾市だけの話かなぁ? バレてないだけ。スギ薬局のイメージ悪くなったわ》
《スギ薬局利用しまくってて、ポイントもかなりたまってる。店員さんも親切だし。会長夫妻と秘書のせいで何かイヤなイメージついちゃったよ》

などと、憤りの声が収まらない状況に。

この批判を受け、「スギHD」は謝罪コメントを発表。しかし、《今回の案件に至った背景として、当社相談役が肺がんを患い大きな手術を経験しており、一日も早いワクチン接種をとおもんぱかった当社秘書が西尾市役所様にお問い合わせをさせていただいたことに端を発します》《また会長杉浦自身は過去にアナフィラキシーショックを経験しており、ワクチン接種を希望しておりません》という文言が。

この謝罪文に、ネット上からは

《「秘書が勝手に」は政治家の専売特許じゃないんだな》
《いち秘書が独断で勝手に、しかも何度も問い合わせし、副市長対応まで持ち込む案件って、相当な力がないと常識としては考えられませんよ》
《支離滅裂なお詫び。受ける気がないのに何度も電話かけるなんて》
《秘書が勝手にやったことで会長夫妻は悪くない、という印象になってしまうのだけど、実際はどうなのでしょうか》
《どうせ、スギっていう会社は、このことに限らず、普段から色々と便宜を図ってもらったり、癒着があるのだろう。一事が万事というやつだ》
《とりあえず、もうスギでは買わないし、処方箋もスギには出さない。隠れて不正をする会社は、仕事でもそういうことをやっていると思う》

といった批判が再び殺到している。

飯塚幸三被告が引き起こした「池袋暴走事故」がキッカケで注目を集めることになった〝上級国民〟という存在。今回明るみになった彼らへの優遇は、氷山の一角に過ぎないのかもしれない…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】