竹内涼真“クズ報道”を認める!? 改心アピールも「イメージは戻らない」

竹内涼真 

(C)まいじつ

俳優の竹内涼真が、昨年降って湧いた〝恋人乗り換え報道〟を暗に認めるような発言をしたと、にわかに話題を集めている。

竹内は昨年6月12日発売の『FRIDAY』にて、3年間交際していた吉谷彩子を一方的に振り、モデルの三吉彩花に〝乗り換えた〟ことが発覚。これだけでは単なる色恋沙汰に過ぎないが、記事では竹内の衝撃的かつ非道な行いが、吉谷の両親の証言とともにつづられていた。

「吉谷は竹内と同棲していた家を、コロナ禍である昨年5月、一方的に追い出されたそう。両親はこれに関して、《娘は友人宅に泊まっているので、彼女からしばらくペットを預かってほしいとお願いされた》《亡くなった祖父からの大切な手紙も含め、同棲していた家にある娘の荷物を返してほしい》など、『竹内くんに言いたいこと』として怒りや不満を語っています」(芸能記者)

同報道では、これまでに吉谷が竹内の生活費を100万円ほど立て替えており、破局した際に竹内がこれをウヤムヤにしたという金銭トラブルも。もし事実だとすれば、2丁目人気の高いガテン系俳優が、実はかなり非道な人物だったと言わざるを得ないだろう。

そして、あれから約1年が経った5月10日。この日放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、この報道が本当だったとうかがえる話が飛び出すこととなる。

これまでの竹内涼真は人に優しくなかった?

ゲスト出演した竹内は筋トレにハマっていると明かすと、「キツすぎて記憶がなくなるまでトレーニングに打ち込む」と告白。芸人たちから、なぜそこまで追い込むのか聞かれると、「ドラマの撮影前とかに行くんです。一回記憶なくすくらい朝に追い込むと、撮影現場とかでものすごい優しくなれる」と語ったのだ。

さらに、竹内は「行かないと自分の心が整わない」「(これまでは気が短かったが)怒ることが全然なくなりました。嫌な店員さんとか来ても、優しく対応できるようになりました」とも告白。これまではついカッとなることが多かったと、自ら認める発言をしている。

これまでは怒りっぽい性格だったが、「ものすごい優しくなれる」と思いやりが芽生えたことを漏らした竹内。これにより、ネット上には

《そう簡単に人は変わらないし、定着してしまったイメージも戻らないよ…》
《本音出ちゃったやつかなこれ…?》
《あの件はやっぱり本当だったんじゃないの…》
《改善しようと努力するのはいい事だけど、あまりいい印象やイメージはないかもしれない》
《今回のポイ捨てで思い知って急いでキャラ変してるのが見てて分かる》

など、女性に非道な仕打ちをした昨年の報道は「やはり事実だった」とする声が広がっていったのだ。

本当に人を思いやれる人間になっているのならいいのだが、果たして芯から変わることができているのだろうか。今後の行動で示してほしい。

【あわせて読みたい】