34歳・田中みな実の“ランジェリー姿”に厳しい声「さすがにキツイ」

田中みな実 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサーの田中みな実が〝ミューズ〟を務める下着ブランド『PEACH JOHN』の新ビジュアルが公開され、大きな話題になっている。

商品の発売に合わせ、『PEACH JOHN』の公式YouTubeチャンネルでは、人気ランジェリーの新色・ホワイトを着こなしたビジュアルが公開された。動画で田中は、アンニュイな表情を浮かべ、メリハリのあるボディーや美脚を披露している。

この動画に、ネット上では

《透明感がすごい! かわいいな~》
《以前よりセクシーになった? メリハリのあるボディーでうらやましい!》
《田中みな実さんがPRしてるものならハズレなさそう! 買ってみようかなぁ》
《馴染みがないブランドだけど、田中みな実みたいな小悪魔セクシー女子になりたいから、つい買っちゃった!》

などと、大評判になっている。

田中みな実の“ブレないキャラ”に苦言

「田中の柔らかなボディー曲線に釘付けになっているファンが続出していますね。今やすっかりランジェリーモデルが板について、さすがの貫禄を見せています。しかし一方で、一部のファンからは〝マンネリ化〟を指摘する声もあがっており、人気の陰りが懸念されています。もともと、一定数のアンチがいる田中ですが、最近、徐々に増えているのも気になるところです」(芸能記者)

実際に、ネット上では

《34歳のランジェリーってさすがにキツイな》
《この人みると、すごい必死な感じがして痛々しいんだよね。20代の頃にやってればもっと話題になっただろうに》
《そこまでしてセクシーさをアピールしたいのかよ。身長も小さいし正直、騒いでいるのはファンだけだろ》
《そろそろ路線変更した方がいいのでは?》

などと、厳しい指摘が飛んでいる。

気がつけば田中も34歳。最近では元テレビ東京の鷲見玲奈や、お天気キャスターとして活躍する阿部華也子、貴島明日香などの台頭がめざましく、田中の〝あざとかわいい〟魅力は失われつつある。

役者業が好調なだけに、そろそろ地に足の着いた仕事を選んだ方が良さそうだが…。

【あわせて読みたい】