『着飾る恋』向井理が不審者に!? 崩壊した脚本に呆れ声「イケメンだから許される」

向井理 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

5月11日、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第4話が放送された。強引ながらも、なんとか成立してきた同作だが、第4話にして大崩壊したと話題になっている。

同作の主人公は、〝着飾る女〟の真柴くるみ(川口)。インテリアメーカーの広報として働くが、SNSのフォロワーは10万人近くのインフルエンサーだ。彼女は社長の葉山祥吾(向井理)に密かに想いを寄せていたのだが、葉山が突然、社長職を退任して失踪。そして、真柴はひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。そこには、超マイペースな性格のミニマリスト・藤野駿(横浜流星)、オンラインカウンセラーをしている寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)が暮らしていた。

第4話では、羽瀬に〝妊娠疑惑〟が降りかかる。これまで無口で協調性のないクールキャラだった彼女が、突如としてルームシェア仲間に疑惑の段階の妊娠を明かす違和感のある展開だ。そんな中、駿は真柴と隣同士の部屋であることを生かして、夜に〝お・や・す・み〟と壁を4回ノックするウザ絡みをしていた。

後日、真柴の会社には、葉山社長の大事なゲストである中国人女性のデザイナー・メイフェンが来訪することに。葉山がいない今、真柴がメイフェンと対談することになった。

向井理の顔面レベルじゃなかったら大事件

メイフェンは高圧的な態度をとりながら来社。そして真柴と対談をはじめようとしたとき、葉山との出会いを回顧し始める。ある雨の夜、ボディーガードを引き連れて歩いているメイフェンの近くに車が止まって葉山が降りてきて、傘もささずにびしょ濡れになりながら接近。葉山は「『あっ メイフェンさんだ』って飛び降りて追いかけてきました、あなたのファンです!」と言いながら、自社製品のグラスをメイフェンにプレゼント。それが出会いだったという。

不審者にしか見えない葉山の振る舞いに、ネット上では

《こんな不審者、秒で取り押さえられるだろwww》
《向井理の顔面レベルじゃなかったらスルーされる事案》
《向井理だから許されるかもしれないけど、突然こんな来られると怖すぎるよw》
《こんな急に来られてグラス出されてもキモいよな》
《SP仕事しろや》

とツッコミが殺到した。

しかし、奇妙な行動をしたのは葉山だけはない。対談中、メイフェンから「おうちで過ごす幸せな時間はどんな時ですか?」と聞かれた真柴は、駿との日々を思い出しながら「夜、壁を見るとき…」と、前述の〝壁ノック〟を思い出して1人で上の空に。当然ながらメイフェンを困惑させていた。

このシーンに対しても視聴者からは

《仕事中に男を思い出す人とか無理だな。しかもVIPを相手にしたときって…》
《対談中に「あ、あの人のこと好きかも…」じゃねぇよw》
《対談中に何言ってんねん。こいつほんとに仕事できる設定なのか?》
《自分が語りやべー。仕事に恋愛持ち込んでるしなんだこいつ》
《横浜流星のウザかった壁ノックが真柴には突き刺さってて草》

とツッコミが殺到した。

世帯平均視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、この放送枠としてはさみしい数字になっている。なんとか挽回を期待したいのだが…。

【あわせて読みたい】