TBS野村彩也子アナの“実力不足”が露呈!「何故アナウンサーになったんだろう」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

狂言師・野村萬斎を父親に持つTBSの野村彩也子アナウンサー。5月12日放送の『ひるおび!』(TBS系)でニュースを読み上げた際、数分の間に何度も噛んでしまい、ネット上で「実力不足」「コネアナウンサー」などと呆れ声があがっている。

野村アナは月・火・水の週3回、「ひるおび」に出演しているレギュラーアナウンサー。2020年にTBSに入社し、同年の9月から「ひるおび」に出演している。当初から、「かわいいけど噛みすぎ」「これだからコネアナは…」といった厳しい声が寄せられていたが、経験を積めば上手くなるはず…と視聴者から温かい目で見守られてきた。

しかし、彼女のアナウンス力は良くなるどころか酷くなる一方。12日の放送では、東京オリンピック・パラリンピックを巡る対応について説明しているシーンで、スムーズに文章を読めず引っかかってしまう一幕が。

さらに、五輪に出場する選手のワクチン接種について掘り下げていく場面でも、「オリンピック選手のワクッ…ワクチン接種について」「日本選手団の対象せっ…対象となる接種」と噛んだり、言い間違えてしまう。そしてしまいには「坂本知事、坂本理事」「ワクチン希望せっしゅ…ワクチン接種希望」と役職や名称を間違えてしまうのだった。

かわいくても許されない? 実力不足を指摘する視聴者

アナウンサーといえば、視聴者にわかりやすく情報を伝えるプロフェッショナル。お世辞にもプロとは言い難い野村アナの実力に対して、

《カミカミお嬢様。バラエティーでも通用しない。何故アナウンサーになったんだろ》
《噛むのも気になるけど、なんか滑舌も悪いような》
《ひやひやして聞いてられない… 裏でめっちゃ怒られてるんやろな… トラウマにならないといいけど》
《相変わらず野村アナは上手くならないな。短い時間で何回ミスってんだか。2年目だったかな? もう新人ではないし、新人の方がよっぽど上手くやれるんでは、と思う》
《もうしゃべらせんな。練習もせず本番出るとか、プロとしてどうなん? こんなんで給料もらえるんだからアナウンサーなんて楽な仕事だよなー》
《二世アナウンサーいつまでたっても上手くならなくて本当にイライラする》
《コネアナウンサーじゃなくて職業アナウンサーをお願いします。単純に実力不足》

などと辛辣な声が多く見受けられた。

いつになっても実力が向上しない野村アナ。「顔はかわいい」という意見が見受けられたので、アナウンサーからタレントに転身した方がいいのかもしれない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】