加藤浩次『スッキリ』生放送で謝罪! 視聴者からの指摘で深々と頭を下げ…

加藤浩次 

(C)まいじつ 

5月13日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、MCの加藤浩次が番組開始早々、深々と頭を下げて視聴者に謝罪。ネット上では同情の声が広がっている。

加藤は「老眼の進みが最近早くなっており、時計の日付の小窓を一切確認していませんでした。今後、マネージャーないしスタッフに日付の小窓を本番前に確認して頂くように努力したいと思います。この度は小窓の日付間違っていて申し訳ございませんでした」とコメントし、カメラの前で深々と頭を下げた。

「実は前日12日の放送で、加藤の腕時計の小窓の日付が1日ズレて〝11〟と表示されていたようで、神奈川県の20代女性視聴者から『余計なお世話かもしれませんが、加藤さんの時計の日にちが11日のままになっているような気がします』という指摘が寄せられていたようです。恐らく番組内で加藤の手元がアップになったときに映っていたのでしょうね。まさか加藤も視聴者がこんな細部まで注視しているとは思ってもみなかったのではないでしょうか」(エンタメ誌記者)

加藤浩次の“センス”に称賛の声

加藤の言動に、ネット上では

《こういう時に不快にさせずちょっとクスッとさせる受け答えが上手だな。さすがMC任せられてるだけある》
《腕時計の小窓の日にちが違っていただけで謝罪とか笑った。そこに気づく人も凄すぎ》
《アドリブ謝罪も面白いし、視聴者と出演者、裏方スタッフ全員で番組を作っている気分になるね》
《時計がグランドセイコーだったけど、ロレックスやオーデマ・ピゲじゃないのは好感度高いね。普通にセンスいいと思います》

などと、大反響を呼んでいる。

「加藤はこのとき『何かありましたらいつでも指摘してください。ありがとうございました。すみません』と謝罪しました。しかし、視聴者の中には加藤の一挙手一投足に目を光らせている人もいるようです。加藤の時計は機械式のため、自動で調整されなかったのでしょう」(同・記者)

また、加藤は昨年7月にも番組でズボンのチャックが約1時間に渡って開いていたことがあり、「視聴者の方から苦情が入りまして。静岡県の50代主婦の方から『僕のチャックが開いている』という。VTR中にスタッフから言われて、チャックを上げました」と報告。「本当に静岡県50代主婦の方、お見苦しいものをお見せして本当に申しわけございませんでした」と頭を下げていた。

〝社会の窓〟の次は〝時計の小窓〟で謝罪となってしまった加藤。本人もトホホという気持ちでいっぱいだろう。

【あわせて読みたい】