『霜降り明星』と『かまいたち』に確執!? 粗品を無視していた先輩芸人とは…

霜降り明星  粗品 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

今、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が急上昇しているお笑いコンビ『かまいたち』。ネット上では、同じく大人気のお笑いコンビ『霜降り明星』と確執があるのではと密かに話題になっている。

確執があるとされているのは、「かまいたち」の濱家隆一と「霜降り」の粗品だ。粗品といえば、最近はラジオやYouTubeで先輩芸人に食って掛かる芸で話題を呼んでいる。5月9日のYouTube動画でも、「先輩が自分らをさげて『第7世代すごいから』って言ってるずるい構図、もういらんねん」と、〝第7世代〟を代表して文句を言っていた。

また過去にはラジオ番組で、先輩から挨拶を無視された経験を告白。当時、芸歴1年目の粗品が劇場に出ていた頃、主力だったのは『モンスターエンジン』『スマイル』『天竺鼠』『藤崎マーケット』『ジャルジャル』『ウーマンラッシュアワー』『スーパーマラドーナ』、そして「かまいたち」らだった。粗品はこの時、挨拶に行ったら「半分くらいから無視された」と明かしている。そして彼らが〝ゼロメンバー〟と称されていたこととかけて、〝実力ゼロメンバー〟と皮肉を放ったのだ。

具体的に誰が無視をしていたかは明かしていないが、少なくとも『ジャルジャル』福徳秀介は違うようだ。福徳ははじめから優しく接し、粗品がせいやとコンビを組んだ時にも懸命に応援してくれていたという。

大阪時代の『かまいたち』濱家は黒歴史?

では一体、粗品を無視していた先輩らは誰なのだろうか…。

「お笑いファンの間では、濱家がその筆頭にあがっているようです。というのも、今でこそいじられキャラの濱家ですが、〝大阪時代〟には劇場番長とも評され、後輩は彼に逆らえないピリついた空気があったのです。『爆笑!オンエアバトル』の収録でも、大部屋で他の芸人を威嚇していたことも明らかになっており、その尖り方は尋常じゃありません。また、今年4月に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、うぬぼれた芸人に対する〝お悩み相談〟として、『第7世代的な発想。どうぞ売れたと思って安心しといてください』と、全く関係ない第7世代を話題に持ち出してディス。明らかに第7世代に対して、なにかを思っているような素振りでした」(芸能記者)

しかし最近、粗品がエピソードトークで濱家を良く紹介していたこともあり、今も確執がある可能性は低そうだ。ブレークして余裕を持てば、おのずと丸くなっていくということだろうか。

【あわせて読みたい】