ASKA“ツイッターのいいね画像”で好感度アップ「親近感湧いた」

ASKA 

(C)まいじつ 

『YAH YAH YAH』や『SAY YES』など、数々のヒット曲を世に送り出したミュージシャンのASKAが、ネット上の卑猥な2次元画像に〝いいね〟していたことが発覚し、ファンをザワつかせている。

ASKAは2014年5月、東京都内のマンションで覚醒剤を隠し持っていた覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定。その際、「罪の重さを改めて認識いたしました。家族の支えのもとで人として立ち直り、健康を取り戻す決意です」とのコメントを発表した。そして近年はツイッターでトンデモ発言を繰り返して話題になっている。

「今年1月には自身のパスワードが乗っ取られたとして、《最低でも5人は、オレの番号を知ってる。最近、セキュリティというものを突っ込んで調べてる。電話番号とメール確認のどっちかを求められる時は、メール確認を選ばなくてはならないようだ》などと、何らかのトラブルに巻き込まれていることを告白していました。また、最近では〝オゾン水〟を販売していくと話しており、《この「万能」を謳い出すと、一斉に潰されるんだよ。まずは「販売」。そして、一つずつクリアして行くよ》と、ビジネスに力を入れていくことを明かしています。相変わらずどこまで本気かは分かりませんが、ネット上では多くのASKAウオッチャーがその発言を楽しみにしているようです」(ネットニュースサイト編集者)

ASKAの“行動”に興味津々なファン

そして今回は、あろうことかASKAがツイッターで2次元画像に反応を示し、話題となっていた。ASKAの行動に、ネット上では

《なんかいつもわけわからないことツイートしてたけど、こういうの見るとほっこりするな》
《いじめちゃだめじゃないかASKA君も健全な男の子なんだぞ》
《ASKA! この経験を歌にするんだ!》
《思い上がりと笑われても譲れないものがあるからなぁ》
《久しぶりに名前見たと思ったら…w むしろ親近感湧いた》

などと、さまざまな反響が寄せられている。

「ASKAは、ネットサーフィンをしていたときに偶然2次元画像を見つけたのかもしれませんね。思わず〝いいね〟をしてしまったようですが、それがイラストを描いた絵師に伝わり、さらに『ASKAがいいねした』ということで多くの人がコメントを寄せています。まさかあのASKAがそのようなイラストに興味を示すとは誰も思わなかったようで、逆に好感度が高まっているようです」(同・編集者)

ASKAの謎ツイートには以前から心配の声があがっていたが、どうやら最近はネタ化しているようだ。

【あわせて読みたい】