コロナ禍で100人規模パーティー!“パリピ“な日本医師会・中川俊男会長が大炎上

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月12日に開かれた定例記者会見に、日本医師会会長の中川俊男氏が登場。4月20日に東京都内で開催された、自民党議員の政治資金パーティーに参加したことを認めた。新型コロナウイルス感染をいとわない〝パリピ〟な中川会長の行動に対し、ネット上ではバッシングが噴出している。

中川会長が出席したのは、100人規模で行われた日本医師会の政治団体『日本医師連盟』の組織内候補である自見英子参院議員の政治資金パーティー。一般参加者ではなく、発起人として参加していたという。

定例記者会見で中川会長は「全国で多くの皆様が我慢を続けてくださっている中で、慎重に判断すれば良かったと思っています」とコメント。そして「まず、緩みということは、まったくございません。今振り返ったら、率直に申し上げると、時期が悪かったと思います」と発言して俯いていた。

さらに「これまで以上に困難に対して、責務を全力で果たしてまいります」とコメントし、会長職の続行を表明。記者から質問が飛び交う中、「皆さんにご心配をお掛けしたことに対して申し訳ないと思っています」と表情を変えずに謝罪するのだった。

パーティーを開きたくなっちゃった?「ばかジジイ」と怒りの声

感染防止のメッセージを発信し続けていたにもかかわらず、発起人となってパーティーを開催した中川会長。これに国民は、

《おじさん辞めないの?》
《もうこの人の発言には1ミリも説得力がなくなった》
《自分だけ潤えば結構ですって感じだったね》
《陳謝とか、全力で謝る前に全力で考えたら分かる事だろ。何で考えないんだ?》
《十分な感染対策をしたのでとか言ってたね。笑える》
《私たちにばかり自粛を押しつけて、コイツら本当にふざけてる。ふざけ過ぎてるわ》
《参加する方もする方だが、なぜこの時期にパーティー開く?》
《全力で予防するのでうちも飲み会しまーす》
《ほんと、陳謝だね。陳謝陳謝。ばかジジイめ》

などと大激怒だ。

ちなみにパーティーの翌日に中川氏は「最強の感染拡大防止策は一人ひとりの日常の慎重で愚直な所作と行動です」「国民の中に危機感・緊張感を呼び戻さなければなりません」と発言。己の行動を棚に上げたこの発言が、国民の怒りに触れたのは言うまでもないだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】