宮脇咲良の卒業だけじゃない! 運営の“お漏らし”が問題となったアイドルグループ

(C)まいじつ

近頃、アイドルグループを中心とした、運営による解禁前情報の「お漏らし」が話題となっている。

まずは、人気グループ『HKT48』や、グローバルグループ『IZ*ONE』など、日本だけではなく世界を股にかけるトップアイドル・宮脇咲良。つい先日、日本に帰国した彼女だったが、公式の発表を待たずして〝HKT卒業〟の情報が漏れてしまったようだ。

発端は、5月21日発売予定のファッション雑誌『ViVi』7月号でのこと。発売前だが同誌の紙面がAmazonなどにイメージ画像として掲載されており、そこには宮脇の特集ページも含まれていた。

彼女の特集ページには《IZ*ONEの活動期間が終了し、HKT48に復帰》と書かれ、さらに《そしてつい先日、卒業を発表した宮脇咲良さん》という記載が。しかし〝つい先日〟とは書かれていたものの、公の場での発表はまだなく、誌面では《今また新しいステージへ羽ばたこうとしている》などと彼女を後押ししていた(現在は削除済み)。

「彼女の所属していた『IZ*ONE』は、当初から決まっていた2年半の活動期間を満了し、今年4月28日に惜しまれつつ活動を終了。それに伴い、宮脇はもともといた『HKT48』に戻って再び日本で活躍することにファンも歓喜していました。そんな中での卒業情報流出は、多くのファンの心に深い傷を刻んだことでしょう。卒業するにしても彼女自身の言葉として聞きたいファンがほとんどでしょうからね」(芸能ライター)