『ポツンと一軒家』所ジョージの“ガヤ”に苦言「野生を舐めすぎ」

所ジョージ

(C)まいじつ

5月16日放送の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)で、MCの所ジョージ、林修先生らが野生動物を避けるスタッフの行動にケチをつけた。これに視聴者は「野生を舐めすぎ」などと呆れている。

スタッフは車で島根県内の山道を上った。途中、スタッフは「銀の道」と書かれた看板を目にし「ちょっと、気になるので見に行ってみますか」と口に。車を降りて様子を見に行った。

狭い草道を下ると、左には川が流れていた。丸太でできた橋を渡り、続く道を歩くとスタッフは「うわっ!」とのけぞり、サルの群れがいると遠くを指さした。

所「サルにビビったんでしょ?」林先生も苦言「消化不良!」

「何頭いるんだろ? 8頭ぐらいいます」とスタッフはハラハラ。「われわれにビックリして森に帰っていった」と解説し、「行けるかな?」とつぶやいたものの、「いったん車に戻りましょう」と別のスタッフに提案。引き返して一軒家の捜索に戻った。

これを見て、スタジオの林先生は「え、戻っちゃうの? ここで? この消化不良、何?」、所ジョージは「おいおいおいおい!」、井上咲楽は「見たい見たい! 気になる!」とスタッフにブーイング。林先生は「これが伏線で後からきれいに回収されるんですよ」とフォローするが、所は「サルにビビったんでしょ?」とスタッフをやゆ。井上は「サルは力、強いから…」といさめていた。

スタッフはこの後、銀の道が石見銀山に抜ける道で、現在ハイキングコースになっていると説明している。視聴者はこの説明に納得したが、野生のサルの群れについていく行為は危険だと指摘。スタッフをあおるような物言いはまずいと所らを批判している。

《ポツンと一軒家で、猿が居たから引き返したスタッフにスタジオが「引き返すなよ~」みたいな言い方してたけどあれは完全に野生を舐めすぎ》
《銀山行きなさいじゃないよ バカじゃないの野生の猿ちょー危ないし!》
《ポツンと一軒家、猿の群れ見て引き返すスタッフにスタジオが「おいおい」みたいな反応してるけど引き返すの正解やろ、何なら自分達で行ってみろ》
《野生の猿に遭遇したのに、行けよはダメだろ野生の猿舐めすぎでは? 林修ですらこれか…》
《猿の恐ろしさを知らないならビビったから逃げたとかいうのはやめた方がいい》

むやみに野生動物に近づくと危険。スタッフの判断は適切であろう。

【あわせて読みたい】