JOCに反旗? 女子マラソン・有森裕子の“聖火ランナー辞退”に称賛の声

(C)Khosro / Shutterstock 

5月19、20日に岡山県内で行われる東京五輪聖火リレーで、女子マラソン五輪メダリストの有森裕子氏が出場を辞退すると発表。開催目前での手のひら返しに賛否の声があがっている。

有森氏は東京都に新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が発令されていることから、「県民に不安を与えてはいけない」と連絡してきたという。岡山県では12日に聖火リレーを公道では実施せず、無観客の式典に変える方針を発表しているが、有森氏は代替イベントへの参加も辞退した形だ。

有森氏の判断に、ネット上では

《極めて良識のある判断をされましたね。国のトップやJOCの国民の命を何とも思わない無責任な発言を日々聞かされていただけに、心が救われる思いがします》
《適正な判断だと思います。緊急事態宣言が出されている都からの移動を自粛するという意味でも賢明なのではないでしょうか》
《流石一流のアスリートですね。差し障りのない辞退理由を挙げていますが、その言葉を体現する一つの手段としてこういった行動に出られたのだと思います》
《正しい考えだと思います。有森さんのように良識のある判断をする方が増えてほしい》

などと、エールが送られている。

国民の“懸念払しょく”を目指す辞退者が続出

しかし一方で、有森氏が直前にキャンセルをしたことから

《岡山県が聖火ランナーを代替イベントにしてるのに、それまでも拒否か。しかもたった数日前にキャンセルってちょっとねぇ…》
《楽しみにしていた人もいるのに、ドタキャンか。移動は控えたいっていうけど、PCR検査してるんですよね?》
《大人の理由でしか表現できない方々には残念に思います。今後の保身の為でしょうが。有森さんはどうなんだろう?》
《辞退するならもっと早く言うべき。クレーマーに叩かれるのを恐れたのかな》

などといった厳しい声もあがっている。

「日本の女子マラソン界の象徴的な存在である有森氏が聖火ランナーを辞退したのは、かなりインパクトが大きかったですね。有森氏は現在、6月に行われる日本オリンピック委員会(JOC)の役員改選に向け、役員候補者選考委員会の委員に承認されています。いわばオリンピックを推進する立場の人間が聖火ランナーを辞退したのですから、世論も一気に〝五輪反対〟に向かうのは避けられないでしょう」(スポーツ紙記者)

また、11日は作家の阿川佐和子、12日にはタレントの西村知美も山口県の聖火ランナー辞退を発表。どちらも「緊急事態宣言が出ている状況下で、東京からの移動などで県民に不安を与えたくない」としている。

日々民意とのすれ違いを見せる聖火リレー。たとえ無観客でも、ランナーとして走ることに意義はあるのだろうか…。

【画像】

Khosro / Shutterstock

【あわせて読みたい】