有吉弘行が“広島原爆”に言及!? 愛のある言葉に感動の嵐「泣けた」

有吉弘行 

(C)まいじつ 

広島出身の芸人・有吉弘行が、5月14日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で〝広島と平和への思い〟が滲んだ発言をし、ネット上で感動が集まっている。

番組中に掃除の話題が出ると、有吉は「死体処理の会社の人に(強力な洗剤を)貰うのが一番いいと思う。死体の形の汚れも取るわけじゃん?」とコメント。この流れで事故物件の話になると、以前からオカルトを一切信じないと公言している有吉は、「よくマンションとかでも言うじゃん?『ここヒト死んでんですよ』とか。どこだって死んでるわバカ!」と改めて一刀両断する。

マツコ・デラックスが「そうそう。気にしてたらキリがない」と賛同すると、有吉はさらに「アホがさ、また言うのよ。『いや、この世に未練があったんですよ』って…ないヤツいねぇんだよバーカ!」「腹立つわあいつら…」とヒートアップ。「死ぬ時なんて『あれ食べたかった…』『水ちょうだい…』とか誰だって未練あるじゃない。フルコース食べた後に死ぬわけじゃないんだからさ…。フルコース食べたって『お茶持って来て』って言うわ!」と長年の怒りをぶちまけていく。

すると、ここで有吉は「未練なく死ぬ人なんてほとんどいないのにさ。『あの人は未練があったから、ここにちょっと怨念が残ってますね』とか…バカなこと言うな!」「いい加減なこと言うな。広島なめんなよ。どれだけ大変な人が未練残したまま死んでんだ」と発言。地元・広島で起こった、米軍による原爆投下という大量虐殺を思わせる言葉を残したのだ。

「全広島県民が泣いた」と感動の嵐

この発言はさらりと流されたが、久保田直子アナウンサーは無言で大きくうなずき、広島出身ならではの思いに胸を打たれたようだ。ネット上にも感動の嵐が吹き荒れ、特に広島出身者からは

《自分も広島出身なので、原爆のことは常々心にあって。有吉さんが霊能者とかわけわからない人に対して、スカッとすることを言ってくださり、救われています》
《広島人として泣けた。ほんとにそんな事なら広島市内に霊感のある人は動けないでしょう…》
《たくさんの戦没者の無念を身近に感じていたから、こういう、まやかしの輩が許せないんでしょうね》
《広島出身です 広島の教育がこのお年になっても残ってるのが嬉しいです》
《私の祖父も被爆者でした。有吉さんの身内の方にも、このような体験、あるいは、もっと悲惨な体験をされた方がいらしたのだと推察します。よくぞ言ってくださいました》

などと強い賛同が寄せられたのだった。

「広島出身で平和教育を色濃く受けているためか、有吉は節々でこのような〝平和への思い〟をにじませる発言をしています。大昔、『おしゃべりクソ野郎』で再ブレークした頃、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で当の『品川庄司』品川祐からクレームをつけられた時も、『戦争じゃないんだから、やられたらやり返すみたいなのは、俺は愚かだと思うね!』と切り返していましたよ」(お笑いライター)

有吉の勇気ある発言は、人々の胸を打ったようだ。

【あわせて読みたい】