北川景子が離婚の原因!?『リコカツ』自己中な態度に怒り爆発「わがまますぎ」

リコカツ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

5月14日、北川景子が主演を務めるドラマ『リコカツ』(TBS系)の第5話が放送された。リアルな夫婦喧嘩シーンに対して、北川を責める声が相次いでいる。

同作は、運命的な出会いをし、〝交際ゼロ日婚〟した水口咲(北川)と緒原紘一(永山瑛太)が、新婚早々に喧嘩をして、離婚に向けて話し合いを始めるラブストーリー。現代的で自由な家庭で育った水口と、厳格な自衛官一家で育った絵に描いたようなカタブツ人間・緒原のギクシャクした関係が描かれる。

第5話では、これまで離婚に向かっていた咲と紘一が、もう一度やり直そうと決意する。咲は紘一のためにこれまで全くしてこなかった料理を頑張ろうと、紘一の母・薫(宮崎美子)からレシピを教えてもらおうとする。

そんな中、紘一に異動の話が持ち上がる。咲のために自衛隊の基地から離れて暮らしている紘一だが、通勤時間が長いことなどが原因で、上層部が紘一のことをよく思っていないようなのだ。紘一は咲のためにも引っ越しを拒否し、いつもよりもさらに30分家を早く出て、上層部に自宅が離れていることは関係ないとアピールしようとする。だがある日、紘一は渋滞に巻き込まれて遅刻。紘一の代わりにトレーニングに出動した後輩がケガをしてしまい、紘一は自責の念に駆られてしまった。

そこで紘一はついに異動のことを咲に相談しようとするのだが、咲は担当している小説家の水無月連(白洲迅)につきっきり。家でも水無月から電話があるとすぐに出て何時間も長電話。紘一は咲に相談することができず、フラストレーションを溜め込んでいく。

そうこうして日々が過ぎていく中、咲のもとに紘一に想いを寄せる自衛隊員・純(田辺桃子)が訪れる。純は紘一が職場で置かれている状況をすべて咲に説明し、咲には紘一を支えることができないと訴えた。

女性からも妻・咲にブーイング

その夜、咲は「どうして相談してくれなかったの?」と紘一に不満をぶちまける。紘一は「君はいつも忙しそうで」と弁解したが、咲は「それでも話してよ。話すべきでしょ」「何で他人からあなたのこと教えてもらわなきゃいけないの? あんな…年下の女に」と怒りが収まらない。その後、咲はお互いの仕事を優先して〝別居婚〟を提案するが、紘一は「別居婚は受け入れられない」と離婚を選択するのだった…。

仕事が原因ですれ違った2人だが、ネット上では咲を責める声が多数。女性向けのネット掲示板などですら、

《咲が自分勝手だと思ってしまう》
《咲は仕事仕事になると周りが見えなくなりすぎるね… そりゃうまくいかないさ、紘一置いてけぼりだったもんね》
《咲の方が口だけで歩み寄れてないし、自分の行動を省みないですぐ喧嘩になる》
《咲がずっと電話してたから話せなかったのに、話してくれなかったとかわがまますぎて》
《咲が全く歩み寄ってない。ずっと紘一が歩み寄ってる気がする…》
《紘一は精一杯努力してきたように見える》
《咲にとっての紘一は都合のいい存在なんだろうなって思った 紘一が悩んでるときは自分のことばっかで全く話聞いてあげないくせに》

といった意見が多い。

完全に崩壊した2人の関係だが、ここからまた修復することはあるのだろうか。

【あわせて読みたい】